食事はバランスが大切Meal balance

本来、家族の食卓とは会話をしたり、躾のためにかけがえのない時間でした。食事を通して作法を学び、協調性や人を思いやる心を育むために最高の場であったはず。家族みんなで同じものを食べ、同じ思い出を共有し、同じ味を分かち合うことは家族の絆を深めます。

しかし現代、若者や子どもたちに広がる「こ食」の問題。特に「孤食(一人孤独に食事をする)」や「個食(家族が同じ食卓でもそれぞれ違う食事内容でバラバラのものを食べている)」は深刻で、子どもたちに様々な影響を与えています。

KFCでは、チキンを家族で囲み、みんなで分け合って食べ、子どもたちに食事は「うれしい」「楽しい」「おいしい」というココロに残る楽しい食卓の場を提供していきたいと考えます。また、みんなで囲む食卓では自然と「いただきます」の言葉が出てきます。「いただきます」「ごちそうさま」は命や物に対する感謝の気持ちを表していますが、豊かな今の日本では本来の意味を忘れがち。食やそれらに関わるたくさんの人やつながりに感謝し、物を大切にするきっかけとなり、笑顔の家族団らんの場をさらに提供できるよう取り組んでいます。

食事をおいしく食べるために知っておきたい基本のことDietary Considerations

「何を」「どれだけ」食べたらいいか、食事の望ましい組み合わせやおおよその量をわかりやすくイラストで示したものが「食事バランスガイド」です。厚生労働省と農林水産省が平成17年共同で作成しました。「食事バランスガイド」では、主食、主菜、副采、果物、牛乳・乳製品という5つの基本的な料理区分ごとに、1日にとる料理の組み合わせとおおよその量を示してあります。

食事のバランスは日本古来の「コマ」に似ています。食事のバランスが悪くなると倒れてしまいますし、回転(運動)することで安定度を増していきます。食事をおいしくいただくためには、主食も主菜も副采も全体の食事量の中でバランスよくとることが大切なのです。

健康に関心を持ちましょう Health

生涯にわたっていきいきと暮らしていきたいというのは、だれもが願うことです。健康的な食材をつかったバランスのいい食事をきちんと摂ること。適度な運動で体を動かすこと。疲労をためず適度に休養すること。これらを、日々の生活のなかでいつも意識し、より望ましい生活習慣を身につけて健全な心身を培っていきたいものです。

ことに「食べる」ことは、おいしい幸せや人が集う喜びといった人生の大きな楽しみであると同時に、体の基礎をつくる大切な要素です。選び方、食べ方、つくり方、そして、素材についてのあれこれを知ることは楽しくて、しかも、健康づくりにつながります。自分の健康は、自分にしかつくることができません。健康に関心をもち、毎日の生活を大切に豊かにすごしたいですね。

ご参考リンクReference link

商品主要原産地情報
ケンタッキーフライドチキン 商品主要原産地情報
栄養成分・アレルゲン
ケンタッキーフライドチキン 栄養成分・アレルゲン
TOP