「本当のおいしさ」をお届けDelivering a real taste

「安全なおいしさ」を実現するFHH&H Safe taste

安心できる素材を使い、店舗で手づくりするできたてのおいしさを最高のサービスとともにご提供する。 創業以来貫いてきたこの姿勢を、私たち日本KFCホールディングスグループは”FHH&H=Fresh(新鮮)”・Healthy(安全で健康的)・Handmade(手づくり)&Hospitality(おもてなしの心)”と呼んでいます。

お客様に本当のおいしさをお届けするために重ねてきた研究開発のノウハウは素材の生産から流通、店舗での調理にいたるまで一貫して活かされています。たとえば、KFCの「オリジナルチキン」に使用する国内産「ハーブ鶏」は、ハーブ原料を加えた飼料で育てた健康でおいしいチキンです。KFC独自の厳しい認定基準を満たした国内のKFC登録飼育農場で飼育され、徹底した安全・衛生管理のもと、KFCカットチキン生産認定工場でカットされます。その国内産ハーブ鶏は、厳格な品質管理のもと毎日店舗に届けられます。すべての工程で基準に合格したチキンだけが、店舗で1ピースずつていねいに手づくり調理されて、おいしい「オリジナルチキン」となります。

手づくり、できたてのおいしさをみなさまに

「店舗で手づくり」にこだわり、私たちは主要な商品を各店舗で調理しています。KFCの「オリジナルチキン」は、独自のチキン調理ライセンス(チキンスペシャリスト)を持つスタッフの管理のもと、カーネル・サンダースから受け継いだ伝統のレシピ通りに、いまも1ピースずつ丁寧に粉つけし、圧力釡で調理しています。いつでも、できたてのおいしさを楽しんでいただきたい。それが、私たちの願いです。

  • ケンタッキ―の
    「オリジナルチキン」ができるまで
    (動画 1分09秒)

お客様を第一に考えるホスピタリティ文化

日本KFCホールディングスグループは、お客様に100%ご満足いただくことを目標に企業活動を行っています。私たちがめざしているのは、どんな時もお客様を第一に考え、お客様にご満足いただくためには、いかなる努力も惜しまない「ホスピタリティマインド」を持つこと。お客様をおもてなしし、お客様に幸せを感じていただくことを自らの喜びとし、一人ひとりのスタッフが心からの笑顔でお客様をお迎えしたいと考えています。

心のこもったサービスを実践するCHAMPS活動CHAMPS activities

お客様に本当のおいしさと「食」の楽しさをお届けするために努力を惜しまなかったカーネル・サンダース。 カーネルが何より大切にしていた“サザン・ホスピタリティ(アメリカ南部特有のもてなしの心)”を受け継ぐ私たちもまた、料理やサービスの質の向上をつねに怠りません。

グループ全店で実施している“CHAMPS(チャンプス)”は、店舗活動のすべてをお客様の立場に立ってチェックし、公正な基準で厳しく評価・改善するシステムです。私たちは、CHAMPSの実践を通して品質、サービス、技術、施設設備の充実を図るとともに、全国の店舗スタッフが技能とホスピタリティの向上を目指して競い合う“CHAMPSチャレンジ競技大会”を毎年開催するなど、「お客様をおもてなしする喜び」を企業文化のひとつとして大切に育んでいます。

商品主要原産地情報
ケンタッキーフライドチキン 商品主要原産地情報
栄養成分・アレルゲン
ケンタッキーフライドチキン 栄養成分・アレルゲン
TOP