01 ファーストアシスタント KFC 緑園都市店 岡本 歩さん01 ファーストアシスタント KFC 緑園都市店 岡本 歩さん

私がアルバイトから社員になったきっかけは、アルバイト時代に憧れていた店長のようなリーダーになって最高のチームを自分でもつくりたいと思ったからです。アルバイト先の店舗は、一つの目標を達成するために、社員とアルバイト全員が一丸となって協力し合う、チームワークの良い店舗でした。このチームワークを大切にする雰囲気に魅力を感じ、また、店舗のリーダーである店長の姿に憧れ、アルバイト先から就職先として“ケンタッキー”を意識し、考え始めました。その憧れの店長に将来のことを相談し、「私は、KFCに就職したいです。」と想いを伝えたとき、「そうか、一緒に会社をつくっていこう!」と言われ、社員登用にチャレンジしました。店長の仲間になれることが嬉しくて、将来のことを話すたびにワクワクしたことを思い出します。

アルバイトとして働いたときに感じていた“やりがい”は、店長がお休みのときは時間帯責任者として店舗の運営と管理(人・モノ・金)の仕事を任せてもらえたことです。当時の私は、社員になったらあっという間に店長のように活躍できると思っていました。しかし、入社した当時は、社員の仕事が想像以上に難しく、まわりにいる仲間に気配りができずにいました。そんな私に、当時の上司は「社員である以上は、全体を見渡せる社員になれ、あらゆることに気を配る社員になれ」と教えてくれました。この言葉通り、自分が憧れるリーダーになるためには、今まで経験してきた店舗の運営と管理(人・モノ・金)にプラスして“情報”の管理が必要であることがわかりました。まさに、経営者としての目線が必要でした。それ以来、「人」はアルバイトの採用や教育、「モノ(資材・食材)」の発注・在庫管理や店舗施設のメンテナンスや管理、「金」については現金管理やP&Lの管理について、「情報」では地域のイベントや天候について等、「人・モノ・金・情報」の管理を日々考え勉強しながら働いています。

今後の目標は、一日でも早く店長になり理想のリーダーとなって活躍し、その後はエリアマネージャー、地区長と活躍するフィールドを広げていきたいと考えています。そのためには、後輩社員やアルバイトから憧れられるような存在となって、店舗の仲間と一緒に、お客さまから愛される、地域一番店を目指したいです。