02 スタッフ ピザハット 初台店 西田 光さん02 スタッフ ピザハット 初台店 西田 光さん

私は専門学校に通いながら、ピザハットでアルバイトをはじめました。色々な人に出会い、知らない街にいけるデリバリーの仕事が魅力で応募したのがきっかけです。学校を卒業した後も、フリーターとして働き、計4年半勤めました。一カ月の3分の2をピザハットでアルバイトをするくらい、夢中になっていました。日本KFCホールディングス株式会社のグローバルスタンダードな考え方に共感し、また自分のスキルも活かせるピザハットは、就職先として自然と第一候補に考えていました。

ピザハットでアルバイトをしていたときは時間帯責任者を任され、管理者として店舗を運営していくことにやりがいを感じました。例えば注文が重なったとき、「多くの注文があるということは、それだけ多くのお客さまに求められているんだよ」と教えることで、アルバイトのモチベーションが上がり、チームのやる気も高まりました。店舗がどんどん良い雰囲気になっていくのを感じることが嬉しかったです。また、多くの先輩と関わり、人として自分も大きく成長している実感もあり、そんな環境で社員という立場になって働いてみたいと思ったのも理由の一つです。私がお手本となり、店舗のアルバイト全員が楽しく働ける場所をつくっていきたいという想いを胸に、入社を決意しました。

社員になってからは、どうすればアルバイトと一緒に良い店舗をつくっていけるのかということを常に考えています。毎日がトライ&エラーの繰り返しです。特に大事にしているのはアルバイトとのコミュニケーションです。まずはアルバイトと信頼関係を築き、その後に伝えたいことを話します。業務のアドバイスはもちろん、「昨日のサッカー日本代表の試合は良かったね」といったスポーツの話題や音楽など様々な話をします。その上でメリハリをつけて「働くのって楽しいな」と思ってもらえると、自分も嬉しいです。今は店長になるのが一つの目標ですが、自分の限界を定めず、どんどんキャリアアップしていきたいと思います。プロフェッショナルとして、どんなに忙しくてもクオリティの高い商品をお届けし、お客さまの笑顔を全国に広げていきたいです。