[平成20年10月17日]  ケンタッキーフライドチキン

~チキンで人を幸せにしたい。~
食欲の秋に、たっぷりのチキンをお得な価格でご提供
ハッピープライス「¥980パック」 を発売
~寒くなってくるこの時期にぴったりのあつあつサイドメニュー
「チキンポットパイ」を、食べやすいサイズ&お手ごろ価格で発売~


「¥980パック」
※写真はイメージです。
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、食欲の秋に合わせ、日頃のご愛顧に感謝し、国内産ハーブ鶏を使用した、たっぷりの「オリジナルチキン」をお得な価格でご提供する「¥980パック」を、本年10月23日(木)より、全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)店舗において発売します。
※一部実施しない店舗があります。

「¥980パック」は、全国約320のKFC登録飼育農場で育てられた国内産ハーブ鶏を、店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理する「オリジナルチキン」4ピースに、「フリフリポテト」1個を組み合わせた、食欲の秋にふさわしいボリュームたっぷりのパックです。
また、同時に、寒くなってくるこの時期に合わせ、サクサクのパイの中にチキンと野菜がたっぷりのあつあつシチューが入った、冬の人気サイドメニュー「チキンポットパイ」を、より食べやすいサイズにし、お手ごろな350円(税込)にて新発売します。なお、「¥980パック」は、+100円でパックの「フリフリポテト」を「チキンポットパイ」に変更可能です。
さらに、人数に応じて幅広い層のお客様に「オリジナルチキン」をお楽しみいただくため、選べるチキンメニューとして、「オリジナルチキン」6ピースに「フリフリポテト」1個を組み合わせた「¥1380パック」、「オリジナルチキン」2ピースに「フリフリポテト」1個を組み合わせた「¥580セット」を発売します。

「¥980パック」 販売概要
商品名 「¥980パック」
[オリジナルチキン4ピース、フリフリポテト1個]

+100円でフリフリポテトをチキンポットパイに変更可能。

税込価格 980円
発売日 2008年10月23日(木)
※11月26日(水)までの期間限定
販売店舗 全国のKFC店舗
※一部販売しない店舗があります。
商品特長 全国約320のKFC登録飼育農場で育てられた国内産ハーブ鶏を店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理する「オリジナルチキン」4ピースに、「フリフリポテト」1個を組み合わせた、食欲の秋にふさわしいボリュームたっぷりのパックです。
「¥980パック」と同時発売のその他のメニュー
「¥1380パック」[オリジナルチキン6ピース、フリフリポテト1個]

・・・税込価格:1,380円

「¥580セット」[オリジナルチキン2ピース、フリフリポテト1個]

・・・税込価格:580円
+100円でフリフリポテトをチキンポットパイに変更可能。

寒くなるこの時期ならではのあったかサイドメニュー
「チキンポットパイ」
税込価格: 350円
商品特長:

「チキンポットパイ」
※写真はイメージです。
今年のチキンポットパイはパイ皮を一新!幾重にも重ねたパイ生地の層が、今まで以上のサクサクした口当たりを生み出し、香ばしさもぐんとアップしています。もちろんチキンにポテト、コーン、タマネギ、人参、グリンピースが入った具だくさんのクリームシチューとの相性も抜群です。
今年は「オリジナルチキン」と一緒にお楽しみいただけるよう、パイ皮のサイズとシチューの容量をより食べやすいライトサイズにしました。
新登場のデザート
「レアチーズアイス」
税込価格: 200円
商品特長:

「レアチーズアイス」
※写真はイメージです。
ほどよい酸味が特徴のクリームチーズとコクのあるゴーダチーズを使用した、クリーミーでとろけるような舌触りのアイスです。濃厚かつ後味爽やかなアイスは、「オリジナルチキン」との相性もぴったりです。
KFCのこだわり「オリジナルチキン」
ケンタッキーの「オリジナルチキン」は、カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、69年間、その製法はまったく変わることなく受け継がれてきました。カーネル・サンダースが「世界で日本のKFCが一番好き」と言ったのは、手間のかかるカーネルの調理法を、最も忠実に守り続けているからでした。
日本では、「オリジナルチキン」に使用する鶏は、KFC登録飼育農場で飼育する国内産ハーブ鶏。それを店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理しています。11種類のハーブ&スパイスで味付けし、高品質の100%植物油を使い、最高温度185℃で約15分間、圧力釜で揚げるというカーネル秘伝の調理法は、日本にKFCが誕生して以来38年間、まったく変わることなく、本物のおいしさをお届けしています。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ