[平成22年2月9日]  ケンタッキーフライドチキン

「オリジナルチキン」とサンド、ドリンク、サイドメニューのボックスセットが
ボリュームと価格で選べる3タイプで登場!
ツイスターのセットも登場!
『BOXケンタッキー』シリーズ 新発売
~平日の昼限定で「BOXケンタッキー」シリーズを50円引きする「平日昼割」も実施、 学生やビジネスマンなどの個食ランチ需要獲得を狙う~

BOXケンタッキー B フィレサンドBOX
「B フィレサンドBOX」
※写真はイメージです。
本年日本での創業40周年を迎える日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区、以下日本KFC)では、人気メニューを詰め合わせ、ボリュームと価格で選べるワンボックスのセットメニュー、『BOXケンタッキー』シリーズ3種を、本年3月4日(木)より全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗において発売します。
*一部、販売しない店舗があります。

今回発売する『BOXケンタッキー』シリーズは、「A ツイスターBOX」(税込価格:770円)、「B フィレサンドBOX」(税込価格:850円)、「C フィレサンドBOX+1」(税込価格:950円)の3タイプです。
いずれも、全国約320のKFC登録飼育農場で育てた国内産ハーブ鶏を、お店で1ピースずつ丁寧に手づくり調理する「オリジナルチキン」とサンドやツイスター、ドリンク(M)、えらべるサイドメニューを組み合わせてKFC特製のボックスパッケージに詰め合わせた、KFCの魅力を存分にお楽しみいただけるセットメニューです。サイドメニューは、お店で焼き上げる表面はさっくり、中はふんわりの「ビスケット」、太めのカットで食べごたえのある「フライドポテト(S)」、国内産鶏の胸肉をにんにく醤油風味の衣で揚げた骨なし皮なしで食べやすい「カーネルクリスピー」の3種類からお選びいただけます。
KFCでは、昨年3月に「えらべる ONE BOX」を発売、特に学生やビジネスマンなどの男性層を中心に大変ご好評をいただいています。今年は、サンドに代えて「ツイスター」をセットにした「A ツイスターBOX」と、サイドメニューを2つ選べる「C フィレサンドBOX+1」を新たに導入し、お客様の選択の幅を拡げます。
また同時に、平日の昼(10時~14時)限定で「BOXケンタッキー」シリーズを50円引きする「平日昼割」を実施、ヤングアダルトの個食需要獲得、顧客層の拡大を狙います。

「BOXケンタッキー」シリーズ3種 販売概要
商品名 「A ツイスターBOX」
[オリジナルチキン1ピース、ツイスター1個、ドリンク(M)1個、サイドメニュー1個]
・・・・・税込価格:770円
「B フィレサンドBOX」
[オリジナルチキン1ピース、チキンフィレサンド1個、ドリンク(M)1個、サイドメニュー1個]
・・・・・税込価格:850円
「C フィレサンドBOX+1」
[オリジナルチキン1ピース、チキンフィレサンド1個、ドリンク(M)1個、サイドメニュー2個]
・・・・・税込価格:950円
*サイドメニューは「ビスケット」、「ポテト(S)」、「カーネルクリスピー」の中から選べます。
発売日 2010年3月4日(木)
販売店舗 全国のKFC店舗
*一部、販売しない店舗があります。
商品特長 全国約320のKFC登録飼育農場で育てた国内産ハーブ鶏を、お店で1ピースずつ丁寧に手づくり調理する「オリジナルチキン」とサンドやツイスター、ドリンク(M)、えらべるサイドメニューを組み合わせてKFC特製のボックスパッケージに詰め合わせた、KFCの魅力を存分にお楽しみいただけるセットメニューです。サイドメニューは、お店で焼き上げる表面はさっくり、中はふんわりの「ビスケット」、太めのカットで食べごたえのある「フライドポテト(S)」、国内産鶏の胸肉をにんにく醤油風味の衣で揚げた骨なし皮なしで食べやすい「カーネルクリスピー」の3種類からお選びいただけます。
平日の昼限定で「BOXケンタッキー」シリーズを50円引き!「平日昼割」の概要
実施日 2010年3月4日(木)より
実施店舗 全国のKFC店舗
*一部、実施しない店舗があります。
実施内容 キャンペーン期間中、平日の昼(10時~14時)限定で、「BOXケンタッキー」シリーズ3種を通常価格から50円引きで販売します。
KFCのこだわり「オリジナルチキン」
ケンタッキーの「オリジナルチキン」は、カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、71年間、その製法はまったく変わることなく受け継がれてきました。カーネル・サンダースが「世界で日本のKFCが一番好き」と言ったのは、手間のかかるカーネルの調理法を、最も忠実に守り続けているからでした。 日本では、「オリジナルチキン」に使用する鶏は、KFC登録飼育農場で飼育する国内産ハーブ鶏。それを店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理しています。11種類のハーブ&スパイスで味付けし、高品質の100%植物油を使い、最高温度185℃で約15分間、圧力釜で揚げるというカーネル秘伝の調理法は、日本にKFCが誕生して以来40年間、まったく変わることなく、本物のおいしさをお届けしています。
日本KFC 創業40周年記念活動
日本KFCは、1970年の創業以来、日本においてKFCを展開、ファストフードチェーンの先駆けとして、日本の食文化に大きな変化をもたらし、外食産業の発展と共に、「オリジナルチキン」を中心に日本ならではの“ちょっと特別で、おいしいブランド”として定着し、お客様にご愛顧頂いてまいりました。 KFC創業者であるカーネル・サンダースが作り上げた秘伝の11種類のハーブ&スパイスに加え、100%国内産のハーブ鶏を使用し、店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理する「オリジナルチキン」は、例えば『クリスマスにはフライドチキン』という、季節の風物詩ともなったと自負しています。 本年、1970年の創業から40年目を迎えるにあたり、1月20日(水)より、年間を通じて様々な『創業40周年記念活動』を展開しています。 本活動は、創業40周年を迎える日本KFCが、これまでお客様にご提供してきた価値の原点「おいしさ」をさらに極め、次の10年に向けて発展させていくことによって、お客様に常に新しい価値を提案していくもので、具体的には、創業40周年である2010年を、10年後に迎える50周年に向けて「店舗」、「商品」、「サービス」を通じ、お客様、地域、社会に貢献する真の「おいしさ、しあわせ創造企業」としてステージアップする、10年間の最初の年と位置づけ様々な活動を展開していきます。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ