[平成25年10月23日]  ケンタッキーフライドチキン

みんなの想いをハートに込めて!!素敵なクリスマスプレゼントを贈る
『自分も美味しい、みんなも美味しい。「ハートフル・クリスマス」』
デジタルキャンペーン実施!!
URL:http://www.sogoodkfc.jp
キャンペーン期間:2013年11月18日(月)~2013年12月20日(金)まで

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区、以下:日本KFC)が展開するケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)では、今年も日本中のより多くのお客様に楽しく、美味しいクリスマスをお過ごしいただけるよう、スマートフォンやパソコンで楽しめる『自分も美味しい、みんなも美味しい。「ハートフル・クリスマス」』キャンペーンを実施いたします。

本キャンペーンは、WEB上でゲーミフィケーション※の要素を用いた、お客様参加型のキャンペーンです。特設サイトにアクセスして毎日1回ガチャを回すとコインがもらえ、スタートボタンを押すことでハートマークが出てくると共に、クーポン券の発行と、特設サイトのバーレルにハートがたまっていきます。(簡単な情報をご登録いただくことで毎日3回ガチャをする事ができます。)ご参加の方全員で特設サイト内にあるハートが一定数たまっていくたびに特典がもらえるイベントが始まります。100万ハートが集まると、特設サイトでスペシャルなイベントが始まります。
また、100万ハートを100万円として、全世界でケンタッキーフライドチキン、ピザハットを展開するヤム・ブランズ主催の飢餓救済プログラム「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」の支援金として寄付します。
※ゲーミフィケーションとは、ゲームの手法・仕組みを用いて問題の解決やユーザー契約などを獲得することです。
※バーレルはKFC独自の樽型パッケージです。

お客様はキャンペーンに参加し、サイト上でガチャを回すだけで寄付ができる、 "自分も美味しい、みんなも美味しい"、ソーシャルグッドな取り組みです。KFCでは、お客様の想いをハートとして集め、「ハートフル」なクリスマスを共に実現していきたいと考えています。
また、今回のキャンペーンはWEB上だけではなく、店頭連動型のキャンペーンとなっています。首都圏のKFC10店舗に設置されたデジタルサイネージで、ご参加の方がためたハートがバーレルを模したゲージに表示され、店舗に来店されたお客様もキャンペーンを体感することができます。


『自分も美味しい、みんなも美味しい「ハートフル・クリスマス」』キャンペーン概要
期間 2013年11月18日(月)~12月20日(金)
※事前登録開始2013年11月1日~
内容 WEB上でゲーミフィケーション※の要素を用いた、お客様参加型のキャン ペーンです。特設サイトにアクセスして毎日1回ガチャを回すとコインがもらえ、スタートボタンを押すことでハートマークが出てくると共に、クーポン券の発行と、特設サイトのバーレルにハートがたまっていきます。(簡単な情報をご登録いただくことで毎日3回ガチャをする事ができます。)ご参加の方全員で特設サイト内にあるハートが一定数たまっていくたびに特典がもらえるイベントが始まります。100万ハートが集まると、特設サイトでスペシャルなイベントが始まります。
また、100万ハートを100万円として、全世界でケンタッキーフライドチキン、ピザハットを展開するヤム・ブランズ主催の飢餓救済プログラム「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」の支援金として寄付します。
※ゲーミフィケーションとは、ゲームの手法・仕組みを用いて問題の解決やユーザー契約などを獲得することです。
※バーレルはKFC独自の樽型パッケージです。


「キャンペーンサイト」
※写真はイメージです。
※2013年11月18日(月)開設
※デザインはイメージであり、今後変更になる可能性があります
連動予定店舗:10店 KFC江ノ島店/KFC恵比寿駅前店/KFC新宿南口店/KFC京王永山店/ KFC立川(駅前)店/KFC三田店/
KFC東陽町店/KFC経堂店/ KFCアーバンドックららぽーと豊洲店/東京スカイツリータウン・ソラマチ店
特設サイト URL: http://www.sogoodkfc.jp
World Hunger Relief(世界飢餓救済)
日本KFCは、全世界でケンタッキーフライドチキン、ピザハットを展開するヤム(Yum!)・ブランズ主催の飢餓救済プログラム「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」に参加しています。国連唯一の食料支援機関である国連WFP(World Food Programme)の協力を得て、飢餓や貧困を抱える地域への食料支援を、募金を通じて行っています。
今回のデジタルキャンペーンでは、皆さまの参加数に応じて最大100万円を、国連WFPへの支援金とします。集まった支援金は、国連WFPを通じ開発途上国の子どもたちの健全な発育と就学率の向上を目指す学校給食プログラムに役立てられます。
また、Yum!基金は別途、100万ドル~200万ドルを、国連WFPの事務費として支援する予定です。

 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ