ニュースリリースNews release

平成27年4月23日
ケンタッキーフライドチキン

店長 玉山鉄二さんがKFCの商品調理にチャレンジする
日本のKFC45周年記念TVCM
第2弾:4月23日(木)より、第3弾:5月7日(木)よりオンエア開始!
第2弾 玉山店長が「オリジナルチキン」を調理する『11スパイス』篇
第3弾 玉山店長が新作サンドをつくる『プレミアムフィレサンド』篇

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、日本のKFC45周年を記念し、人気の商品を組み合わせた45周年記念価格の「こだわりぎっしりパック」を本年4月23日(木)から、そして、ボリュームたっぷりの新サンド「プレミアムフィレサンド」を本年5月7日(木)から、全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗において発売します。
このたび、「こだわりぎっしりパック」、「プレミアムフィレサンド」の発売に合わせ、45周年記念のTVCMの第2弾、第3弾を制作、第2弾『11スパイス』篇を4月23日(木)より、第3弾『プレミアムフィレサンド』篇を5月7日(木)より順次全国にてオンエアを開始します。TVCMには前回に引き続き人気俳優の玉山鉄二さんを起用し、店長としてKFCならではの手づくりの品質や、45周年を記念した新商品の「プレミアムフィレサンド」の魅力を伝えていきます。

■コンセプト紹介

<11スパイス篇>

『KFCならではの手づくりの品質』

KFCの「オリジナルチキン」は、国内のKFC登録飼育農場で大切に育てた国内産ハーブ鶏を、KFC創業者カーネル・サンダース秘伝の11種類のハーブ&スパイスで味付けし、店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理しています。店舗での手づくり調理にこだわるKFCの真摯な姿勢と、こだわりが伝わるようTVCMを企画しました。
また今回のTVCMでは、実際に店舗で働く店長3名を起用しています。この3名の店長は、KFC独自の厳しい評価項目をクリアし、素晴らしい店舗づくりやサービス、ホスピタリティを提供した店長に贈られる"年間優秀店舗賞"の2014年度の受賞者です。
お客様の事を想い、日々おいしい「オリジナルチキン」を提供し続ける店長が日常に行っている風景をそのまま再現。臨場感あふれる作品に仕上げました。

ピザハット「食べごたえを、もっと!」篇より

「こだわりぎっしりパック」TVCM 『11スパイス』篇 より

<プレミアムフィレサンド篇>

『自信作のおいしさ』

KFCのこだわりが詰まった新商品の「プレミアムフィレサンド」の魅力をいかにお伝えするかに注力して企画しました。「プレミアムフィレサンド」は、お店で焼き上げたジューシーなベーコンに、11種類のハーブ&スパイスで味付けしたチキンフィレ、シャキシャキのレタス、トマトを形が特徴的なKFC特製のカイザーバンズで挟んだボリュームたっぷりで食べ応えのあるKFCの自信作です。そのおいしさがテレビの外まで伝わるよう、アングルや照明にこだわって仕上げました。

ピザハット「食べごたえを、もっと!」篇より

「プレミアムフィレサンド」TVCM 『プレミアムフィレサンド』篇 より

■CMストーリー

<11スパイス篇> 玉山店長が1ピース1ピースのチキンに、秘伝の11スパイスの粉付けをするところから始まり、その後KFCの店長3名が登場、まず立川南口店・店長が1ピースずつチキンをチェック、十三東口店・店長が粉付けをし、蒲田東口店・店長が圧力釜から揚げたてのチキンを取り出すところまで、「オリジナルチキン」をつくる上での重要な調理工程をそれぞれの店長につなぎながら、最後に再び玉山店長が心をこめて丁寧に調理しているシーンへ戻ります。そこへ店舗に訪れた親子連れが「あ、ほんとにやっている」と、調理する様子が見えるキッチンに駆け寄り、ガラス越しに調理している様子を眺めます。「オリジナルチキン」、「フライドポテト」、「フライドフィッシュ」、「コールスロー」といったKFCの人気商品を組み合わせた、「こだわりぎっしりパック」が映り、その横で「45周年記念価格」の文字が光ります。そして、親子で過ごすKFCでのだんらんのひとときのシーンが流れ、玉山店長が笑顔で「ありがとうございました」とお客様をお見送りするシーンで締めくくります。
※「KFC東京ドームシティラクーア店」では、調理の様子を客席からご覧いただくことができます。

ピザハット「食べごたえを、もっと!」篇より

「こだわりぎっしりパック」TVCM 『11スパイス』篇 より

<プレミアムフィレサンド篇> ジューシーなベーコンと11種類のハーブ&スパイスで味付けしたチキンフィレ、レタス、トマトをKFC特製のカイザーバンズではさんで仕上げた、「プレミアムフィレサンド」。玉山店長は愛情のこもった目で完成したサンドを見ながら、思わず「うまそう」と声に出してしまいます。そんなほほえましい店長の姿に、従業員が笑い、はっとして恥ずかしそうに立ち上がる玉山店長。
新登場のサンドをおいしそうにほおばる男性客、女性客のシーンの中、玉山店長の「自信作です!」という力強いナレーションが続きます。笑い声あふれる店内と玉山店長の「いらっしゃいませ」と元気にお客様を迎え入れる声でこのCMは締めくくられます。

ピザハット「食べごたえを、もっと!」篇より

「プレミアムフィレサンド」TVCM 『プレミアムフィレサンド』篇 より

■撮影こぼれ話

前回の「国内産」篇から、KFCの新店長としてご登場いただいている玉山鉄二さん。撮影は3月某日、実際のKFC店舗を貸し切って行われました。
撮影前の監督との打ち合せでは、「実際の店長さんはどのような動きをされますか?」等、店長としての役作りのためとても熱心に質問される様子が印象的でした。
今回のTVCMでは、「オリジナルチキン」、「プレミアムフィレサンド」をつくる工程にフォーカス。玉山さんには、「オリジナルチキン」の知識や技術を伝え歩く役割を担い、KFCで働く約6,000名の代表である"OR(オーアール)マイスター"が、それぞれの調理の仕方をレクチャーしました。「オリジナルチキン」が揚げあがるまでの1つ1つの作業に感心され、真剣にその調理工程を学ばれる玉山さんの姿に"ORマイスター"も感激しきりでした。当日の撮影では、自然な流れで「オリジナルチキン」に粉付け、「プレミアムフィレサンド」をつくる玉山さんはあたかも本当にKFCの店長のご経験があるように感じ、その飲み込みの早さにスタッフ一同脱帽しました。

CM概要

作品名
放映期間
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)

【玉山鉄二】

数多くのドラマ・映画でクールな二枚目から素朴な青年役まで、幅広い役柄で活躍。2010年には、映画「ハゲタカ」で"敵役"を熱演して、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。
最近では連続テレビ小説「マッサン」で主演を演じました。その親しみやすい青年役の姿は視聴者の心をつかみ、平均視聴率で21%超えと高い視聴率が続く人気ドラマとなり、演技力が高く評価されました。今後のさらなる活躍が期待される、30代を代表する注目の俳優です。
TOP