ニュースリリースNews release

平成27年8月31日
ケンタッキーフライドチキン

カーネル・サンダースと玉山店長が夢の初競演!?
創業45周年記念商品、「焼きフライドチキン」のTVCMがついに完成!
『謎の男』篇
9月3日(木)よりオンエア開始!!

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、揚げた後にオーブンで焼き上げる新製法のチキン「焼きフライドチキン」を本年9月3日(木)から全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗において発売します。それに合わせ、「焼きフライドチキン」のTVCM『謎の男』篇を9月3日(木)より順次全国にてオンエアを開始します。
TVCMには、引き続き、人気俳優の玉山鉄二さんを起用し、"玉山店長"として新商品「焼きフライドチキン」をアピールしていただきました。今回は日本での創業45周年にふさわしい、揚げた後に焼き上げるという、KFCならではのこだわりの新製法を伝えていきます。

■コンセプト紹介

『カーネル・サンダースも認める、こだわりの新製法』

「揚げた後に焼く?」TVCMの冒頭でカーネル・サンダースが驚いているように、その手間ひまかけた製法と、こだわりの想いが伝わるよう、商品の調理法やシズル感、そして玉山さん、カーネル・サンダースとの会話を強調してTVCMを企画しました。

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

■TVCMストーリー

専用オーブンの前で、「焼きフライドチキン」の完成を見守る玉山店長。するとどこからか、「フライドチキンを揚げた後に、焼く?」と声が聞こえてきます。調理に集中している玉山店長はごく自然に、「ええ、新食感の焼きフライドチキンです。」と自信満々に返答します。
その後のシーンでは、実際にフライドチキンがオーブンで焼き上げられるシズルシーンに移り、手間ひまかけた、こだわりの製法を表現します。
すると、また背後から「やりますねえ。」と誰かが近づいてくる気配がします。はっと玉山店長が振り返ります。すると、背後に飾ってあるカーネル・サンダースの肖像画が、なんとグー(good)サインをするのです。そんなカーネル・サンダースに向かい、玉山店長は「このひと焼きで、ぐっと旨くなるんです。」と熱く思いを語ります。
「焼きフライドチキン」が焼き上がる様子にのせ、「焼きフライドチキン」2ピースと「オリジナルチキン」2ピース、「フライドポテト」(L)が付いたおトクな「4ピース食べくらべパック」の商品カットが映し出されます。
最後に、お店で、「焼きフライドチキン」の初めての食感と味わいに驚いて表情を輝かせる女性客と男性客のおいしそうな顔のアップでTVCMは締めくくられます。

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

■撮影こぼれ話

撮影前の打ち合わせで、まず新商品の「焼きフライドチキン」を玉山さんに召し上がっていただきました。これまでにない衣のカリッとした食感に、「どのように調理しているんですか?」と新製法に興味津々の様子で様々な質問をされ、準備万端で撮影に臨まれました。
今回の撮影は、ストーリーの流れを重視してTVCMの冒頭のカットから順番に撮影していきました。まず玉山さんが撮影場所の厨房に入り、その後に静かにカーネル・サンダース役の方が入りました。実は玉山さんとカーネル役の方は、このときが初対面。カーネル役の方が現場に入ってきた瞬間、「すごい!雰囲気もそっくりですね!」とスタッフも玉山さんも大盛り上がりで、早速に写真撮影となりました。
撮影本番では、玉山店長とカーネル・サンダースとの掛け合いにこだわりました。「このひと焼きで、ぐっと旨くなるんです。」という言葉に想いを込めて玉山さんが演技する、その様子に、監督も一層の熱が入り、なかなかカットがかからずスタッフ一同息をのむように見守りました。無事「カット!」という声がかかると、一斉に拍手が沸きおこり、撮影は無事に終了。新商品の「焼きフライドチキン」のおいしさやこだわりを伝えることができる想いのこもったTVCMに仕上がりました。

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

「焼きフライドチキン」TVCM 『謎の男』篇 より

CM概要

作品名 『謎の男』篇 15秒
放映期間 2015年9月3日(木)~2015年9月30日(水)
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)

【玉山鉄二】

数多くのドラマ・映画でクールな二枚目から素朴な青年役まで、幅広い役柄で活躍。2010年には、映画「ハゲタカ」で"敵役"を熱演して、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。
最近では連続テレビ小説「マッサン」で主演を演じました。その親しみやすい青年役の姿は視聴者の心をつかみ、平均視聴率で21%超えと高い視聴率が続く人気ドラマとなり、演技力が高く評価されました。今後のさらなる活躍が期待される、30代を代表する注目の俳優です。
TOP