Case.1 佐藤香織流 KFC店舗のつくり方
佐藤 香織 (Sato Kaori) 2001年入社
「お客様もアルバイトの方も明るくいられる店舗をつくっていきたい」
KFC立川南口店からキャリアをスタートし、二児を出産。復帰後店長に。
「KFCが好きだから仕事はずっと続けたい。家庭も仕事も両立できる体制に感謝しています。」
休みの日は家事をしっかりとするようにしています。
空いた時間は家族と自転車で近くの公園に行ってリフレッシュしています。
一緒にいられる時間が限られているからこそ、その時間を大切にするようになりました。

佐藤香織流 KFC店舗のつくり方

ワクワク感が持てる空間づくり

ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)経堂店の店長をしています。このお店は駅前にあり、近くにオフィスや住宅などが集まっているため、出勤前のモーニングタイムから、昼は近隣のオフィスの方や主婦層、一般にアイドルタイムといわれる午後の時間帯でも学生さんが集う、お客様の切れ目の少ない店舗です。
もちろんお持ち帰りやお食事をされる方が集中するディナータイムは多くのお客様にご利用いただいて大変賑わっています。
店長の仕事は、売上や経費、利益といった「お金の管理」はもちろん、アルバイトの採用から教育までの「人の管理」、食材、備品の「物の管理」、近隣のマーケティング状況の把握やチラシの配布、売上・お客様データの分析といった「情報の管理」を担います。
お店の運営を任されるということは、まるで一つの会社を経営するのと同じこと。大きな責任を感じると共にやりがいのある仕事です。
また、お店ごとに立地やお客様層、サービス内容まで異なっていますから、お店ごとの戦略を立て成果を出していくことが大切です。お店づくりに自分流の個性を出すことができるので取り組みがいのある仕事です。

デリバリーへのチャレンジ

経堂店では今、デリバリーの売上強化に取り組んでおり、とても重大な役割を担っています。
従来のテイクアウト、イートインにデリバリーが加わるということは、新しい販売管理をはじめ、アルバイトの確保や教育、バイクの点検といった新しいオペレーションが増えることを意味します。でもデリバリーをきっかけとして新しいお客様が増えると思うととてもワクワクします。
お約束したお届け時間を守るだけでなく、少しでも早く届けたり、お届けの際の笑顔で新しいお客様にも喜んでいただきたいですね。
このお店での成功事例が、KFC全体の成功事例になる。お店にとっても私にとっても大きなチャレンジだと思っています。

コミュニケーションこそが私の店舗運営術

任されたお店をうまく運営していく方法は、一にも二にも基本業務を重視して確実にこなしていくことです。
決して近道はなく地道なことを一つ一つ積み上げていくことがとても大切。
その基本業務の大切さをアルバイトと共有して、毎月の目標、毎日の目標に落とし込んでいく必要があります。
そのために、勤務開始のタイミングで今日の目標の確認とCHAMPSチェックを怠らないようにしています。
また、アルバイトが明るく、目標を持って働けるように、ひとりひとりの意志を尊重するように心がけています。同じ目標でもそれぞれが納得して取り組むかどうかによって達成度は異なってきますから、日ごろからコミュニケーションをとるように気をつけています。
アルバイトのあり方はそのままお客様に伝わりますから、アルバイトが心から明るく、元気よくいられるよう、お店の雰囲気をつくっていきたい。そこで心がけているのは「まずは元気にあいさつ」。私とアルバイトの間ではもちろん、アルバイト同士、アルバイトとお客様、とすべての場面において、元気にあいさつをすることができる明るいお店づくりを目指しています。

※所属店舗、役職などはインタビュー当時のものです。

店長の一日

09:30

出勤 早番の人から引継ぎ

「あいさつはしっかりとするように心がけています」。
(早番の場合は6:30出勤)

10:00

勤務開始

食材発注、銀行業務などを午前中に済ませます。

11:00

11時からのデリバリー、WEB受付に向けてシステムチェック、車両点検。

12:00

お昼の時間帯は近隣の会社員や親子連れで賑わいます。
キッチンに入ってピークタイムに対応。

14:00

休憩

休憩は1時間しっかりとります。この日は気分を変えるために外でランチ。

15:00

事務作業

発表資料作成をしたり、アルバイトのシフト作成、チラシ配布計画、発注などを行います。

16:00

ディナー前の店内チェック

ディナーのピークに備えて食材の準備やフロアのチェックをします。

17:00

ディナーピークタイム

ディナータイムは仕事帰りのイートイン、テイクアウト、デリバリーと大忙し。
店長は全体を把握しながらすべての動きをコントロールします。

19:00

引継ぎ・帰宅

食材の発注見直し、遅番担当にクローズまでの引継ぎをして帰宅。
(遅番の場合は23:00帰宅)



Page Top ↑