INTERVIEW

大橋 あゆみ

Ayumi Ohashi

品質保証部 2010 年入社

他のファストフードとは違う、KFC の魅力。

大学で食品についての勉強をしていたのですが、最初は飲食業界に行くつもりはなくて、メーカーに行こうと思っていたん です。そんな時にKFC がふと目についたんです。ファストフードは特別な日に買うっていう感じではないですが、KFC は クリスマスやお誕生日といった晴れの日とか、孫が来るから買おうっていうところに繋がって、その想い出の一つとして残っ ていくっていうところにすごい魅力を感じて受けようと思いました。


入社前から「品質保証部」で働きたかった!

実際に入社して店舗で働いていた時、クリスマスとかお誕生日に買いに来てくださるお客様が、すごい笑顔で喜んで帰って いく姿を見てすごく感動しました。この笑顔を守るために品質保証という仕事をしたいなとすごく思いました。もともと食 べることが好きで、商品開発もいいなと思っていたんですけど、やはり食べる上で胆になる部分を自分でサポートする、生 きていく上では安全な食べ物が重要になってくるので、そこに魅力を感じた部分はあります。 実は最初から品質保証部が希望だったんです。入社後はまず店舗で働くことも、品質保証部に行ける確率が100% ではない こともわかっていました。それでも面接の時も、社長とお話する時も「私は店長にはならない、品質保証部に行きたい!」とずっ と言い続けた結果、声が届いたんだと思います。入社して1 年半後に品質保証部へ異動となりました。今は主に店舗の衛生 管理を行っています。KFC で一番大事なところは食品の安全を守ることです。店舗で働く人達に「何故手洗いをしなければ いけないのか」という部分を分かるように指導しています。今では他のお店に行った時に「今、手洗いしてない」とか、「手 袋してあそこ触ったのに手洗ってないよね」とか、すごい見ちゃいます。職業病ですね(笑)。


地道な仕事も、見ている人は必ずいる

異物混入を減らすのってすごく難しいんです。お客様にとっては異物が入らないのは当たり前です。私たちは全国のオーナー 様や店長さんに品質保証部として様々なアプローチで、衛生管理を行っています。そんな時、社長が朝礼で私達の仕事を賞 賛してくれたんです。達成はできていないけれど見てもらえてるっていうところはすごく嬉しいないと思いました。地道な 活動が多いのですが、気付いてもらえたり見てもらえているんだなって感じると嬉しいですね。

KFCの魅力は人

会社が好きな人が多いというのはすごい感じていて、私の上司と別の部署の上司と飲 みに行った時に、二人で自分がどれだけ会社の事が好きかすごい笑顔で話されるんで すよ。それを見て「あー、私はまだまだケンタッキー愛が足りない」と感じました(笑)。 そういった方たちが上にいらっしゃるというのは、すごくステキだなと思いました。 そんな上司を目指しながら、私も衛生管理のプロフェッショナルとして、周りに頼ら れる存在になりたいと思っています。