カーネルズ・デーについて

消費者はいま、“食”へのこだわりを強くし、より品質のよいものを選び、食べることを楽しむ時代になりました。

日本にオリジナルチキンを紹介し、洋風ファストフードの先駆けとして誕生して以来、KFCが一貫して提供し続けてきたのもまた、「本物のおいしさ」、「安全で高品質な素材」、「店舗で手づくりするできたてのおいしさ」という“食へのこだわり”でした。創業者であるカーネル・サンダースから受け継ぎ、守り育ててきたこのおいしさへのこだわりは、時を経てさらにその意義を確かなものにしています。

KFCでは、日本においても多くの人に愛され、外食産業においてはフランチャイズチェーンの基礎を築いた人物でもある、カーネル・サンダースの誕生日(9月9日)を、『カーネルズ・デー』の名称で記念日登録しています。

『カーネルズ・デー』は、食べることの大切さと楽しみをお客様といっしょに考える日です。食を提供する者にとっては、食へのこだわりとお客様に満足していただくことの喜びをあらためて思いかえす日として、またご家庭で日ごろ料理をする方にとっては、外食の魅力を享受していただく日として位置づけていきたいと考えています。

カーネルズ・デー概要
名称 カーネルズ・デー
記念日の日付 9月9日
記念日の由来 ケンタッキーフライドチキンの創業者であるカーネル・サンダースの誕生日(1890年9月9日)を記念。

カーネル・サンダースがKFCのオリジナルチキンを生んだと同時に、外食産業においてフランチャイズチェーンの基礎をつくった人物であり、おいしさに対して独自のこだわりを貫いた人物であることから、食を提供する者にとっては、食へのこだわりやお客様に満足していただくことの喜びをあらためて思いかえす日として、また、ご家庭で日ごろ料理をする方にとっては、外食の魅力を享受してただく日として制定。
登録日 2003年7月4日(当社の創立日)※1970年7月4日創立
登録先 日本記念日協会(代表:加瀬清志)
TEL:0267‐68‐2465
http://www.kinenbi.gr.jp/
カーネルズ・デー アンケート
カーネルズ・デー アンケートは、2003年7月に、KFCの創業者であるカーネル・サンダースの誕生日9月9日を、日本記念日協会に「カーネルズ・デー」として記念日登録したことを機に、2003年8月1日~8月17日までの期間、KFCのホームページ上で実施したもので、総回答数19,004。年齢層も30~34歳(25.4%)、35~39歳(19.2%)、25~29歳(18.7%)を中心に、10歳未満(0.2%)から60歳以上(0.8%)まで幅広い年代から非常に多くの回答をいただきました。
カーネル・サンダースを身近な人物と感じている方が多く、お客様のカーネル・サンダースに対するご信頼と親近感を再認識する結果となりました。
なお、アンケートの詳細はこちらをご参照ください
Copyright© 2000-2013 KENTUCKY FRIED CHICKEN JAPAN LTD.
×close