カーネル物語 | 略年譜 | 立像 | ムービー | 関連書籍 | カーネルズ・デー | カーネル手記
カーネル・サンダースの生涯

1890年9月9日

ケンタッキー州最大の都市ルイビルとはオハイオ川ひとつを隔てた町、インディアナ州ヘンリービルで、ハーランド・サンダースは生まれました。早くに父を亡くした彼は、工場で働く母を助けて6才で料理を始めました。弟妹と母のために焼いたパンが皆に大喜びされたのが7才。このときの嬉しさをカーネルは生涯語り続け、その感動が「おいしいもので人を幸せにしたい」というKFCの理念へと受け継がれていきます。

The easy way becomes harder,And the hard way becomes easier.

家を助けるため10才から農場に働きに出たサンダース少年は、学歴といえば6年生の終了証だけ。その後は独学で学びながら多くの仕事につきます。機関士、判事助手、保険外交員、フェリーボートなど40種に及びます。そしてタイヤのセールスをしている時に出会った石油会社の支配人から勧められてガソリンスタンドを始めたのは30代後半、「自分の将来は自分で決めよう」と独立します。注文の前に、埃だらけの車の窓をサービスで洗いラジエーターの水を調べる。「他の人に一生懸命サービスする人が、最も利益を得る人間である」という信念の実践でした。大恐慌と干ばつにより、農民に貸していたガソリン代が回収できずにスタンドはつぶれ、正に挫折の連続で半生が過ぎます。しかし、幾度失敗しても立ち上がるサンダース。晩年に私たちに遺した言葉は、その経験から生まれました。

ほんとうに美味しいものは歳をとらない

ガソリンスタンドを利用する人たちのために物置を改造して6席だけの小さなレストラン「サンダース・カフェ」をコービンに造ったのは1930年6月。片腕の自慢の息子を亡くすという不幸を乗り越えながら、スタンドはサービスの良さで、カフェは味で評判となります。その目玉 が独特なフライドチキン。素材にまでこだわった手づくりの味と細やかなサービスに、来客は列をなし、人々への貢献により1935年にケンタッキー州知事から名誉称号「カーネル」を授与されます。その後、火事や新ハイウエーによる人の流れの変化など、苦難は次々と続きますが「猛然と働く意欲」と「サザン・ホスピタリティ」を忘れることはありませんでした。そして客席を回ってお客様にご満足しているかうかがいながら「私の料理がもし美味しくなかったら、お代はいりません」と明言し、自分の料理への自信と愛情を隠しませんでした。試行錯誤の末にフライドチキンのオリジナル・レシピを完成させたのが1939年。以降70年余、この味は変わることなく今に受け継がれているのです。

日本が一番好き

新しいハイウエーの建設により車の流れが変って維持できなくなった店を手放し、負債を支払ったカーネルの手元にはいくらも残りませんでした。フライドチキンの調理法だけが唯一の財産。この時、65才。しかし、不屈のカーネルは、それを教える代わりに売れたチキン1羽につき5セントを受けるというFCビジネスを始めます。車で各地を回る強行軍ながらビジネスは成功。73才の時にはチェーンは600店を超えていました。ここで権利を譲渡し、その後は、自分の調理法が正しく行われ美味しいフライドチキンがきちんと提供されているか、各地の店舗をみて回ります。その旅は世界各地に及び、年間数十万キロにまでなりました。日本には、1972年、78年、80年と3回来日しました。数々の慈善活動をはさみながら意欲的に店舗を回ったカーネルは、いつも「日本のKFCが一番気に入っている」と言うのでした。「私の考えていた通 りのやり方を守り、理想のかたちを受け継いでくれている」というのがその理由。オリジナルチキン生みの親が太鼓判を押した日本のKFC。その厚い信頼に応えているか、私たちはいつも自分に問い続けています。

Southern Hospitality

他人を家人のように温かく迎え、もてなす。伝統的なアメリカ南部の人々の親切なもてなしをサザン・ホスピタリティといいます。カーネルにとってそれは、最善を尽くして嘘のない美味しいものをつくること、お客様にご満足いただいているか常に耳と心を傾けること、人を喜ばせることにおいて妥協しないことでした。また「成功は多くの人と分かち合いたい」と、ビジネスを共にする人たちの状況に心を砕き、惜しみなく知識・技術を教え続けました。一方では、少しでも余裕ができると慈善活動を行い、孤児院の子供たちのために毎日アイスクリームをつくったり、肢体不自由児のための基金をつくったりしました。人を幸せにする事に引退はない。「決して引退を考えずにできるだけ働き続けろ」「人間は働きすぎてだめになるより、休みすぎて錆付きだめになる方がずっと多い」。その言葉どおり、カーネルは90才で生涯を閉じるまで現役を通しました。


もっと知りたいカーネルの歴史
カーネル・サンダース略年譜
カーネル立像
ムービー“Colonel Sanders Story”
カーネル・サンダース関連書籍
このページのtopへ