コミュニケーションレポート2021
31/38

31ダイバーシティ(推進、限定社員制度)おかえりケンタッキー(復職支援制度)くるみんマーク取得国連WFPの活動を支援(学校給食支援) 地域貢献  ・オレンジリボン  ・横浜本社でのフードドライブフランチャイズ社、サプライヤーとの連携強化こども食堂にチキンを寄贈 リサイクルの推進  ・浮上油脂を電力として再生  ・調理油リサイクルループ 紙製包材をFSC認証紙に切り替え 食品ロス削減 こども食堂にチキンを寄贈全店全面禁煙化日本KFCではお客さまにゆっくりお食事を楽しんでいただきたいとの想いで2015年から店舗の禁煙化をすすめ、2018年12月に全店舗の全面禁煙化を達成しました。低アレルゲンメニューの販売2017年7月から、卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニの7品目を原材料として使用しない低アレルゲンメニューの販売を開始。より多くのお客さまにおいしく召し上がってもらうために、2019年10月から「低アレルゲンチキンセット」の販売店舗をさらに拡大しています。障がい者雇用の推進障がいのある人とも分け隔てなく働ける環境をつくり、多様化する社会の中での雇用のあり方を模索すると共に社会への貢献を果たします。KFCグループでは障がい者雇用は法定雇用率を達成しており、多くの仲間が店舗で活躍しています。地域貢献(オレンジリボン)子どもへの虐待のない社会を目指す、「子ども虐待防止・オレンジリボン運動」に協力しています。食品ロス削減売れ残りや食べ残しなどの、無駄な廃棄物を出さない発生抑制を行っています。発生した食品廃棄物などについては、再生利用に取り組んでいます。((((KFCのアクション

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る