コミュニケーションレポート2021
8/38

ふ孵卵・選別衛生管理の行き届いた種鶏場で孵化したヒナは、健康チェックを経てKFC登録飼育農場に送られます。8飼育衛生管理はもちろん、温度・湿度、採光、換気も細かくチェックして最適な環境で鶏を飼育しています。KFCは、登録飼育農場で飼育された国内産鶏のみを使用。飼料のひと粒ひと粒までしっかり管理し、「安全・安心」なおいしさにとことんこだわっています。オリジナルチキンがお客さまに届くまでの、一気通貫した安全・安心な仕組み100%中雛を厳選スーパーなどで売られている若鶏は、生後50日前後飼育が一般的。KFCは肉質や旨みにこだわって、生後38日前後飼育の中雛だけを厳選しています。チキンは100%国内産独自に開発した飼料で飼育鶏特有の臭みを抑える飼料もありますが、KFCではそのような飼料は使いません。自然にも鶏にもやさしい独自に開発した飼料で飼育しています。No.1チキン専門店であるゆえん素材への徹底したこだわりKFC登録飼育農場生後38日前後飼育の

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る