コミュニケーションレポート2021
9/38

9 KFCは、管理の行き届いた登録飼育農場で育てられた国内産鶏の中雛のみを厳選して使用しています。 それは、誰にも真似できないおいしさへのこだわりであると同時に、揺るぎない「安全・安心」をお客さまにお約束するためのKFCの覚悟でもあります。レシートにはチキンの産地を表示!カット世界レベルの厳格な認定基準を満たした工場で、チキンは鮮度を保ったまま9つにカットされます。ウイングリブキールリブウイングサイサイドラムドラム北は北海道から南は沖縄まで、KFCの登録飼育農場は日本全国に約200カ所もあります。だから、全国どの店舗にも新鮮なチキンを日々、供給することができるのです。びなお客さまに提供するチキンがどの農場で飼育されたのか、KFCではすべて把握しています。さらに、店頭のボードやレシートに表示して、お客さまにお知らせしています。余すところなくおいしく食材を無駄にせず、部位ごとのおいしさを味わっていただけるようにと編み出された、KFC独自のカット方法。5つの部位、計9つにカットされます。世界レベルの600項目で安全な品質をチェックKFCカットチキン生産認定工場は、KFCの米国本部Yum!Brands,Inc.が定めた世界レベルの基準で、安全・安心な品質をチェックしています。機器や設備はもちろん、従業員の管理や危機対応に至るまで基準が設けられています。 登録飼育農場は全国に約200カ所KFCカットチキン生産認定工場KFC独自の9カットで

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る