ネパールを視察してきました

2017年4月に、国連WFPの支援国の一つであるネパールの視察を行いました。

視察レポート

視察に訪れたのは、
ネパールのシンディパルチョーク地区に建つShree Padmeshwori Basic School。
急な山道を登った先にある学校へは、約80名の子ども達が通っています。
この日の給食メニューは豆の炒め物とポップコーン。
国連WFPでは、給食の提供だけでなく、献立の指導など地域の自立につながる活動もしています。
貧しい国では子どもが労働に従事させられることも多いのですが、学校給食をきっかけに学校に通い、 学習の機会が与えられる子どもが増えています。
教育が普及し、国が発展し、貧困から抜け出せるように、継続したサポートが必要と感じました。