[平成20年4月24日]  ケンタッキーフライドチキン

カーネル・サンダース、現在セ・リーグ首位快走中の阪神タイガースに入団!?
カーネル立像が阪神タイガースのユニホーム姿で
KFC甲子園球場店店頭に登場!
~4月25日(金) 初お披露目/ケンタッキーフライドチキン甲子園球場店~


写真:「阪神タイガースのユニホーム着用イメージ」
※日本KFC本社にて撮影
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、ケンタッキーフライドチキン(以下KFC)甲子園球場店の店頭に設置しているカーネル立像に、阪神 対 巨人3連戦の初日となる本年4月25日(金)から、阪神タイガースのホーム用ユニホームを着用させることにいたしました。

本年3月22日に大規模なリニューアルを経てオープンした阪神甲子園球場内のKFC甲子園球場店は、球場の内野エリア2階にあり、この春の選抜高校野球大会を皮切りに、プロ野球公式戦開幕とともに、多くのお客様の記念撮影ポイントとなっています。 これまで、同店店頭のカーネル立像は阪神タイガースのハッピやマフラーを着けていましたが、この度、阪神球団の承認を得て特製ユニホームを着用することとなりました。背番号は、日本KFCの創業年である「1970」、ネームは「Colonel」です。本日現在、セ・リーグの首位を快走中の阪神タイガースのユニホームを着用したカーネル立像の勇姿にご期待ください。

KFC甲子園球場店 店舗概要
店舗名 「ケンタッキーフライドチキン甲子園球場店」(直営)
※内野エリア2階
オープン日 2008年3月22日(土)
※野球などの試合、催事開催日のみ開店となります。
営業時間 球場開場時間に拠る
店舗面積 内野エリア2階138㎡(約25席)
カーネル立像用 阪神タイガースユニホームについて
立像は、カーネル・サンダース本人の60歳代とほぼ等身大でつくられています。
この度、球団の承認をいただき、特製のホーム用ユニホームが完成、着用する勇姿を、
4月25日(金)に初披露することとなりました。
背番号は、日本KFCの創業年である「1970」、ネームは「Colonel」です。
カーネル立像と阪神タイガースの物語
阪神タイガースが優勝を果たした1985年、道頓堀店(当時)の店頭に設置していたカーネル立像が、熱狂した阪神ファンの人達によって胴上げされ、戎橋から道頓堀川に投げ込まれるということがありました。これは、優勝に大きく貢献したバース選手に見立てて胴上げされたものでした。両者の共通点は米国人であることとヒゲだけでしたが・・・。現在、KFCは阪神甲子園店、ダイエー甲子園店とあわせ、甲子園球場を中心としたエリアに3店舗があります。
球場施設への出店
球場への出店は、甲子園球場店で8店舗となりますが、球場内にカーネル立像を設置するのは初めてのことです。
なお、カーネル立像については、お客様の安全を考え、混雑時などにはカウンター内に移動する場合もあります。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ