[平成24年11月28日]  ケンタッキーフライドチキン

~人気の「AIRシリーズ」第7弾~
空飛ぶフライドチキン
「AIR ケンタッキーフライドチキン」提供開始

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:植木 義晴、以下「JAL」)は、ケンタッキーフライドチキンを展開する日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長:渡辺 正夫、以下「KFC」)と、両社のコラボレーション企画として、JAL国際線欧米路線(一部を除く)にて、2012年12月1日(土)より「AIR ケンタッキーフライドチキン」のサービスを開始します。

「AIR ケンタッキーフライドチキン」は、人気の機内食「AIRシリーズ」第7弾となるものです。今回の「AIRシリーズ」では、12月から2月までの3ケ月間にお楽しみいただけるメニューとして、クリスマスの代表的なメニューでもあるチキンをご提供します。

「AIR ケンタッキーフライドチキン」は地上と変わらないフライドチキンの味わい・食感を楽しんでいただけるよう、包装や提供方法などあらゆる点に研究、工夫を重ねて誕生しました。

「AIR ケンタッキーフライドチキン」は、プレミアムエコノミー・エコノミークラスのお客さまに、目的地到着前のお食事としてご提供します。

<AIR ケンタッキーフライドチキンの特徴>

●2種類のチキン
骨付きチキンとチキンフィレの2種類をご用意します。

骨付きチキン
手軽に召し上がれるようにカットした機内限定の手羽元です。

チキンフィレ
レタスと一緒にパンに挟んでも召し上がれるよう骨なしの胸一枚肉を使用したチキンです。

いずれも、KFC秘伝の「11ハーブ&スパイス」で味付けられた他では真似のできない味わいです。

●フラットブレッド
「AIR ケンタッキーフライドチキン」のために開発しました。
チキンとの相性を追求し、しっとりとした食感と平たいユニークな形状が特徴です。

●食べ方の楽しさ
チキンフィレは、オリジナルのフラットブレッドと交互に召し上がっていただいても、フラットブレッドに特製マヨソースをぬり、レタスと一緒に挟んでオリジナルサンドをつくってもお楽しみいただけます。
フラットブレッドは、機内でサンドにしても具材がこぼれにくく、おいしさと食べやすさを追求したパンです。

●オリジナルパッケージ
フライドチキンのできたてのおいしさをお楽しみいただけるよう特製のボックスをご用意しました。
「AIR ケンタッキーフライドチキン」の文字とKFCの創業者であるカーネル・サンダース氏が描かれた、機内でしか見られないJALとKFCのオリジナルデザインです。

〈提供路線、概要〉
提供路線 成田発 ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンディエゴ、ロンドン、パリ、フランクフルト
提供クラス プレミアムエコノミー/エコノミークラス
提供期間 2012年12月1日(土)~2013年2月28日(木)の3ヶ月間

※成田発サンディエゴ線では2012年12月2日(日)~2013年2月28日(木)で提供

概要 骨付きチキン、チキンフィレ、フラットブレッド、レタス、特製マヨソース、コールスロー
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ