[平成21年2月24日]  ケンタッキーフライドチキン

チキンとサンドの幸せ「BOXケンタッキー」誕生。
今話題のお笑い芸人オードリーがKFCのTVCMに初登場!!
新商品「えらべるONE BOX」TVCM「春日も満足」篇
 3月5日(木)よりオンエア開始!!
~オードリー春日もケンタッキーのおいしさに思わず満足の笑顔!~

えらべるONE BOX TVCM「春日も満足」篇より
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京渋谷区、以下 日本KFC)では、「オリジナルチキン」と「チキンフィレサンド」、「ドリンク(M)」に、選べるサイドメニューがひと箱になった、「えらべるONE BOX」を、全国のケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗で本年3月5日(木)より発売、それに合わせて、人気お笑いコンビのオードリーを起用したTVCMを制作、「春日も満足」篇を3月5日(木)よりオンエア開始します。

本CMでは、昨年度M-1準優勝を皮切りに数多くのバラエティ番組に出演している、今注目の若手お笑いコンビ、オードリーの春日さん、若林さんの2人が、「えらべるONE BOX」を豪快に、おいしそうにほおばります。 さらに、今回のキャンペーンでは、「えらべるONE BOX」購入者とケータイカーネル通信会員だけに、期間限定で、携帯電話からそれぞれアクセスすると、テレビCMでは放映されない映像が入った未公開CM動画を見ることができる特別施策を実施します。

『BOXケンタッキー誕生。』
今回、日本KFCが「えらべるONE BOXキャンペーン」で皆様にご提供する期間限定商品「えらべるONE BOX」は、「オリジナルチキン」と「チキンフィレサンド」、「ドリンク(M)」に、「フライドポテト(M)」・「ビスケット」・「カーネルクリスピー」の3種類から選べるサイドメニュー1つをひと箱に入れたボリュームたっぷり食べ応えのあるお得なメニューです。
今回のCMでは、芸人さんが大満足のBOXケンタッキーをほおばる様子をえがいております。キャンペーンキャラクターには、今最も勢いのある若手お笑いコンビのオードリーさんを起用。2人の普段の会話をリアルなドキュメントタッチで描くことでターゲット層の共感を狙います。購入者限定・ケータイカーネル通信会員限定で未公開CMの視聴を設置し、話題・興味喚起、トライアルでの購入など新規顧客の獲得を目指します。
CMストーリー 象徴的な赤バックにパッケージ。コマ送りのように徐々にアングルが上がっていき箱の中身が見えてくる。 スタジオのフリースペースで昼食を食べる2人。BOXケンタッキーを開くと思わず声が漏れてしまう。オリジナルチキンとチキンフィレサンド、サイドメニューがひとつの箱に入ったBOXに感激し、楽しく食べている。 BOXを完食し、満足気な表情でギャグを放つ春日さんにすかさずつっこむ若林さん。
撮影こぼれ話 オードリーさんが撮影現場に現れたのは午後9時前、この日4本目の仕事でした。今回2人のリアルな会話を撮影しようと特別な演出指導は一切せずにCM撮影が始まりました。思いっきり食べてもらうと事前に伝えていたので、用意していた夕食を取らずに撮影に臨まれたせいか、食べるカット、食べた後の表情もとてもおいしそうに撮影することができました。
春日さんが「チキンに対して紳士たれ!」と若林さんに語りかけ、綺麗なチキンの食べ方を披露してくれました。現場のスタッフからも「チキンが大好きなんだね。」という声があがりました。撮影時は同時録音していため、現場スタッフは2人のやり取りに笑いを堪えるのがとても大変でした。
未公開CMへのアクセス
えらべるONE BOX
未公開CM「分け目」篇より
未公開CMでは、オードリーの初公開モノがご覧になれます。とても充実したコンテンツになっているので、期間限定の特別篇をぜひご覧になってください。

①「えらべるONE BOX」を購入し、パッケージ記載のQRコードからアクセス!
②ケータイカーネル通信登録後、キャンペーンページから会員限定で配信!
CM概要
作品名 「春日も満足」篇 15秒
放映期間 2009年3月5日(木)~2009年3月24日(火)
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)
提供番組
  • CX系 「笑っていいとも!」
    (隔日放送/3月は偶数日)
  • TBS系 「うたばん」
【オードリー プロフィール】
若林正恭(わかばやし まさやす)※左
生年月日: 1978年9月20日
出身地: 東京都
春日俊彰(かすが としあき)※右
生年月日: 1979年2月9日
出身地: 埼玉県
主な出演歴:2008年M-1準優勝、フジテレビ「爆笑レッドカーペット」、TBS「ザ・イロモネア」など、バラエティ番組を中心に活躍中。今年最も注目の若手お笑いコンビ。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ