[平成21年8月5日]  ケンタッキーフライドチキン

日本KFC創業 39周年のご愛顧に感謝の気持ちを込めて
通常価格より390円引き、ジャスト1,000円のお得なパック
「39周年サンキューパック」 8月27日発売
~食欲の秋に向け新味の「炭火焼きチキンサンド」 “韓国風ピリ辛ソース味”を同時発売~


「39周年サンキューパック」
※写真はイメージです。
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、創業39周年を記念し、通常価格より390円引きのお得なパックメニュー「39周年サンキューパック」を、全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)店舗で、本年8月27日(木)より発売します。
※一部、販売しない店舗があります。

「39周年サンキューパック」は、オリジナルチキン4ピースとフライドポテト(L)1個、カーネルクリスピー1ピースが入ったボリュームたっぷりのパックで、ご愛顧への感謝の気持ちを込めて、通常価格1,390円のところ、39周年にちなみ、390円引きのジャスト価格1,000円(税込)で販売します。
1970年7月4日に創業し、今年で39周年を迎えた日本KFCは、創業以来、カーネル・サンダースから受け継いだ“手づくりのおいしさ”と“おもてなしの心”を大切に守り続けてきました。カーネル秘伝の「オリジナルチキン」をはじめとするKFC商品への長年のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、今回は、「オリジナルチキン」とサイドメニューを組み合わせた、お得な「39周年サンキューパック」を発売します。カーネルの誕生日である「カーネルズ・デー(9月9日)」を中心とした時期の限定商品です。

また同時に、食欲の秋に向けたサンドメニュー「炭火焼きチキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味」を期間限定で発売します。「炭火焼きチキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味」は、炭火で香ばしくジューシーに焼き上げたぷりっと厚切りのチキンに、醤油とタマネギをベースに唐辛子やニンニクを加えた韓国風ピリ辛ソースをたっぷり絡め、みずみずしい新鮮レタスとシャキッとした食感の水菜とニンジンとを組み合わせたサンドです。こんがり炭火焼きチキン、甘辛の刺激的なソース、シャキッとみずみずしい野菜、まろやかな酸味の特製マヨネーズが一つになり、味と食感で楽しめる食欲の秋にぴったりの新サンドです。

「39周年サンキューパック」販売概要
商品名 「39周年サンキューパック」
[オリジナルチキン4ピース、フライドポテト(L)1個、カーネルクリスピー1ピース]
・・・・・税込価格:1,000円
※通常価格1,390円
発売日 2009年8月27日(木)
販売店舗 全国のKFC店舗
※一部、販売しない店舗があります。
商品特長 オリジナルチキン4ピースとフライドポテト(L)1個、カーネルクリスピー1ピースが入ったボリュームたっぷりのパックで、お客様のご愛顧に感謝の気持ちを込め、通常価格1,390円のところ39周年にちなみ、390円引きのジャスト価格1,000円(税込)で販売します。
「炭火焼きチキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味」販売概要 
商品名 「炭火焼きチキンサンド 韓国風ピリ辛ソース味」
・・・・・税込価格:360円
発売日 2009年8月27日(木)
販売店舗 全国のKFC店舗
※一部、販売しない店舗があります。
商品特長

「炭火焼きチキンサンド
韓国風ピリ辛ソース味」
※写真はイメージです。
炭火で香ばしくジューシーに焼き上げたぷりっと厚切りのチキンに、醤油とタマネギをベースに唐辛子やニンニクを加えた韓国風ピリ辛ソースをたっぷり絡め、みずみずしい新鮮レタスとシャキッとした食感の水菜とニンジンとを組み合わせたサンドです。こんがり炭火焼きチキン、甘辛の刺激的なソース、シャキッとみずみずしい野菜、まろやかな酸味の特製マヨネーズが一つになり、味と食感で楽しめる、食欲の秋にぴったりの新サンドです。
KFCのこだわり「オリジナルチキン」
ケンタッキーの「オリジナルチキン」は、カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、70年間、その製法はまったく変わることなく受け継がれてきました。カーネル・サンダースが「世界で日本のKFCが一番好き」と言ったのは、手間のかかるカーネルの調理法を、最も忠実に守り続けているからでした。 日本では、「オリジナルチキン」に使用する鶏は、KFC登録飼育農場で飼育する国内産ハーブ鶏。それを店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理しています。11種類のハーブ&スパイスで味付けし、高品質の100%植物油を使い、最高温度185℃で約15分間、圧力釜で揚げるというカーネル秘伝の調理法は、日本にKFCが誕生して以来39年間、まったく変わることなく、本物のおいしさをお届けしています。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ