[平成23年10月27日]  ケンタッキーフライドチキン

松本潤さんがKFCの新作TVCMに登場!!
KFCの冬の定番メニュー『ポットパイ』TVCM
「みんなの冬が温まりますように」篇
11月3日(木)よりオンエア開始!!

ポットパイTVCM
『ポットパイ』TVCM
「みんなの冬が温まりますように」篇より

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区)では、冬の人気メニュー『ポットパイ』2種、濃厚「エビ入りトマトクリームポットパイ」と、冬の定番「チキンクリームポットパイ」を、本年11月3日(木)より、全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗で販売します。
※一部、販売しない店舗があります。

商品の発売にあわせ、嵐の松本潤さんを起用したTVCM「みんなの冬が温まりますように」篇を制作、11月3日(木)より全国でオンエアを開始します。

コンセプト紹介
『ポットパイの冬がきた』
今回のTVCMは日本の冬に欠かせなくなった、KFCの冬季限定メニュー『ポットパイ』のあたたかな世界観を伝えています。『ポットパイ』の冬が到来したことをベースに伝え、濃厚な「エビ入りトマトクリームポットパイ」を前面に出しつつ、定番の「チキンクリームポットパイ」の存在感も出すことで双方の需要拡大を狙います。身も心もあたたまる『ポットパイ』からのメッセージを、シズル感が広がる映像美と松本潤さんの発信力あるタレントパワーで情感豊かに表現し、おいしさ感を盛り上げるCMとなっています。
エビのコクと、野菜の旨味が身も心もあたためてくれる、"赤"のポットパイ「エビ入りトマトクリームポットパイ」は、お店で焼き上げる、寒い季節にぴったりのメニューです。特製のサクサクしたパイ皮をくずしてエビ、じゃがいも、にんじん、ソテーオニオンがたっぷり入ったあつあつのトマトクリームシチューと一緒にお召し上がりいただきます。また、KFC自慢のチキンと、じゃがいも、コーン、にんじん、たまねぎ、グリーンピースが入った、野菜たっぷりなクリームシチューを使った冬の定番、"白"の「チキンクリームポットパイ」も同時発売します。それぞれ、お店で焼き上げるあつあつメニューです。
CMストーリー シンプルな黒バックにキラキラとした雪の結晶が印象的なトップカットから始まります。冬の季節感の中で松本潤さんが寒そうにホーっともらす白い吐息。「エビ入りトマトクリームポットパイ」の生地をスプーンで割る、商品によったカットの後ゆっくり口に運び、美味しさに唸る松本潤さん。そして、定番の「チキンクリームポットパイ」もハフハフしながら堪能する松本潤さん。そこに「あなたをあたためるのは、濃厚トマトクリームか?それとも、定番チキンクリームか?」とささやくような松本潤さんのナレーションが入ります。「チキンクリームポットパイ」のシズルカットからディスプレイカットへ。CMの最後では「みんなの冬が、あたたまりますように・・・」と松本潤さんが心をこめて語りかけます。
ポットパイTVCM
『ポットパイ』TVCM 「みんなの冬が温まりますように」篇より
撮影こぼれ話 昨年に引き続きKFC『ポットパイ』のTVCMに登場した松本潤さん。今回の撮影は、黒い衣装で黒いセットに立つクールなたたずまいの松本潤さんと、あたたかいポットパイのステキなコラボレーションとなりました。熱々の『ポットパイ』は、スプーンでパイ生地を割るとふわっと湯気が上がり、ハフハフと本当に美味しそうに食べる松本潤さんの様子に、撮影スタッフも思わず画面に見入ってしまいました。
昨年に引き続き、"赤"と"白"両方のポットパイを本当に美味しそうに味わいながら撮影に臨んでいただいた松本潤さんの食べカットは、さすがとスタッフが感心するスムーズさで、『ポットパイ』を誰よりも多く食べてきた松本潤さんだからこそできる食べシズルに、思わず食べたくなるあたたかい『ポットパイ』のCMが出来上がりました。

今年も「エビ入りトマトクリームポットパイ」と「チキンクリームポットパイ」の2つが登場!どちらも期間限定商品です。皆さんもこの機会にぜひ、KFC店舗であたたかい冬をお過ごしください。
CM概要
作品名 「みんなの冬が温まりますように」篇 15秒、30秒
放映期間 2011年11月3日(木)~2011年11月30日(水)
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)
提供番組
  • CX系 「笑っていいとも!」毎週月~金曜 12:00~13:00(隔日放送/11月奇数日放送)
  • EX系 「モーニングバード!」火曜・木曜 8:00~9:55
  • TBS系「ひみつの嵐ちゃん!」木曜 22:00~22:54
【松本潤】
「ひみつの嵐ちゃん」、「VS嵐」、「嵐にしやがれ」などバラエティー番組でも活躍中。
オリジナルアルバム『僕の見ている風景』が2010年度初のミリオンセールスを記録するなど幅広いジャンルで活躍中。今最も注目を集める20代を代表するアーティスト。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ