[平成24年5月29日]  ケンタッキーフライドチキン

昨年、米KFC書庫で発見されたカーネル・サンダースが40年前に書いた手記
「世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝」の日本語版完成!
日本では6月6日より電子書籍として公開、書籍版を教育機関・図書館などに寄贈
~手記中のカーネル・サンダースが初めてつくったレシピに思いをはせて
「カーネル ライ麦パン」を6月28日発売~

世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、昨年、米国ケンタッキーフライドチキン(以下:米KFC)社の書庫で発見された、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)創業者カーネル・サンダースの書いた手記「Col. Harland Sanders /The Autobiography of the Original Celebrity Chef(世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝)」の日本語版を制作しました。

カーネル・サンダースの手記「Col. Harland Sanders /The Autobiography of the Original Celebrity Chef(世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝)」は、米国ルイビルにある米KFCの書庫に約40年間、気付かれずに保管されていたもので、主に彼の食に関する情熱、仕事での努力、家庭料理の大切さなどが書かれており、伝説の世界的シェフであり企業家カーネル・サンダースの人生を垣間見ることができます。
手記には、カーネル自身の個人的な覚書や意見から、人生の教訓、食品から家族まで様々なものに関するちょっとした逸話、事業、努力、お客様、フランチャイズパートナーに関すること、そして、カーネル自身のお気に入りレシピまで紹介されています。
手記は、日本KFCとして本年6月6日(水)より、KFCホームページ上で公開するほか、手記の書籍版を教育機関や図書館などへ寄贈する予定です。

日本KFCでは、カーネル・サンダースの手記は、「オリジナルチキン」同様に時代を超えて、日本はもちろん世界中のKFCファンの心に響く魅力を持っていると考えます。そこで、今回の日本語版完成を機に、類まれなシェフであるカーネル・サンダースの人生を振り返るとともに、カーネルがこだわり続け、いまも変わることなく受け継がれている、他に真似のできない「オリジナルチキン」の"手づくり"の調理法とそのおいしさを、より広く、より深く知っていただくための活動を展開していきます。
まず、「カーネル ライ麦パン」を、本年6月28日(木)、全国のKFC店舗で発売します。「カーネル ライ麦パン」は、カーネル・サンダースが7歳のときに初めてつくったアメリカ南部特有のパンをアレンジしたメニューで、ふんわりした食感と、レーズンの甘みが特徴のライ麦パンです。
※一部販売しない店舗があります。

また、今回発見された手記に記されたレシピをヒントに、いまの時代でも喜ばれるカーネル・サンダース新メニューとして、3種類のメニューを開発中です。その中から最も食べてみたいメニューをWeb上にて一般投票していただき販売メニューを決定する「新メニュー商品化選挙」[投票期間:6月6日(水)~7月1日(日)、結果発表7月4日(水)]を開催します。
さらに、7月4日(水)には、カーネル・サンダースが長年の研究の末に完成させた唯一無二の「オリジナルチキン」の味を目指し、著名人が秘密のレシピに挑戦し競いあう「オリジナルチキン手づくりチャレンジコンテスト」を開催します。
なお、日本KFCでは、これらの活動を象徴するメッセージ『今日もカーネルの調理法! 1本1本、お店で手づくりしています。ケンタッキーのオリジナルチキン。』とロゴマークを作成、今後、TVCMやPOP類、Webサイトなどで展開する予定です。

カーネル・サンダースの手記 日本語版 概要
タイトル Col. Harland Sanders / The Autobiography of the Original Celebrity Chef
(世界でもっとも有名なシェフ カーネル・サンダースの自伝)
著者 カーネル・サンダース
発行日 2012年6月6日(水)
発行形態 電子書籍、書籍

※電子書籍はKFCホームページ上でPDF形式で公開、書籍は教育機関・図書館などに2000冊の寄贈を予定。

判型 四六版(約195mm×約134mm)
価格 非売品
内容
「カーネル・サンダース手記 日本語版」表紙
「カーネル・サンダース手記
日本語版」表紙
※写真はイメージです。
カーネル自身の個人的な覚書や意見から、人生の教訓、食品から家族まで様々なものに関するちょっとした逸話、事業、努力、お客様、フランチャイズパートナーに関すること、そして、カーネルのお気に入りレシピまで紹介されています。お気に入りレシピには、朝食、昼食、夕食の様々な料理に加え、ビスケット、パンケーキ、オートミール、キャセロール、パイなどのつくり方が説明されています。
カーネル・サンダースの手記 日本語版完成にあわせたKFCの活動概要

「カーネル ライ麦パン」発売

商品名 「カーネル ライ麦パン」 ・・・税込価格:120円
発売日 2012年6月28日(木)
販売店舗 全国のKFC店舗
※一部販売しない店舗があります。
商品特長 カーネル・サンダースが7歳のときに初めてつくったアメリカ南部特有のパンをアレンジしたメニューで、ふんわりした食感と、レーズンの甘みが特徴のライ麦パンです。
販売メニュー
カーネル ライ麦パン
「カーネル ライ麦パン」
※写真はイメージです。
「カーネル ライ麦パンセット」
[オリジナルチキン1ピース、カーネルクリスピー1ピース、コールスロー(S)1個、カーネル ライ麦パン1個、ドリンク(S)1個]
・・・税込価格:680円
「カーネル ライ麦パンパック」
[オリジナルチキン5ピース、カーネル ライ麦パン2個]
・・・税込価格:1,380円

Web投票で商品化するレシピを決定!「新メニュー商品化選挙」

内容 今回発見された手記に記されたレシピをヒントに、いまの時代でも喜ばれるカーネル・サンダース新メニューとして、3種類のメニューを開発中です。
この開発中のメニュー3種類の中から、Web上で、最も食べてみたいメニューを投票していただきます。
投票結果をもとに、実際に商品化しKFC店舗で販売する予定です。
投票期間 2012年6月6日(水)~7月1日(日)
結果発表 2012年7月4日(水)

「オリジナルチキン手づくりチャレンジコンテスト」

内容 創業者カーネル・サンダースが長年の研究の末に完成させた唯一無二の「オリジナルチキン」の味を目指し、著名人が秘密のレシピに挑戦し、競いあいます。
開催日 2012年7月4日(水)
※一般観覧不可
カーネル・サンダース について
カーネル・サンダース
1890年
9月9日、インディアナ州南部の町ヘンリービルに生まれる。
1939年
オリジナル・フライドチキンの調理法を完成。
1955年
ケンタッキーフライドチキンコーポレーション設立。
1972年
10月、初来日。
1978年
6月、再来日。
1980年
5月、3回目の来日。日本は最後の訪問国となる。
12月16日、ルイビルで肺炎のため死去。
<ご参考> "カーネルの調理法"活動 ステートメント
今日もカーネルの調理法!

白い髪とヒゲに、真っ白なスーツ。ステッキを持ってお店の前に立っている、あのカーネルおじさん。
実在の料理人だってご存知でしたか?
ケンタッキーの創始者カーネル・サンダースは、「ほんとうにおいしいものは、人を幸せにできる」という信念で、あの「オリジナルチキン」を生み出した、不屈の料理人だったのです。

その生き方は、まさにオリジナル。
料理人としての原点は、働く母親と兄弟のために7歳で初めてパンを焼いたとき。
おいしそうに頬張る母の笑顔を、彼は生涯忘れることはなかったといいます。
10歳から働き始め、40もの職を転々としながらも、わずか6席だけの小さなレストランをオープンしたのは40歳のとき。
看板メニューは、アメリカ南部の家庭料理であるフライドチキンでした。

おいしいフライドチキンで、お客様を家族のようにもてなしたい。
そのためのこだわりに、一切の妥協はありません。
すこやかで風味豊か、クセがなく、柔らかな鶏を育てるには。
口にする前からしあわせな気分になる、魅惑の香りを生み出すには。
厚すぎず薄すぎず、絶妙の食感を生み出す、衣のまぶし方は。
皮の旨味までじっくり味わえる、香ばしい揚げ方は。
口にしたとき、いちばんおいしく感じられる温度は。
すべてに最高を求め、すべてを自分の手で、9年間もの試行錯誤を繰り返してつくりあげた世界でひとつの調理法から、世界でひとつの「オリジナルチキン」が完成しました。

人の真似はしないこと。自分の目と、鼻と、舌と、手のちからを信じること。
どんな逆境にもあきらめず、どんなに時代が変わろうとも、かたくなに想いをつらぬいたカーネルの人間味こそ、「オリジナルチキン」の、いちばん大切なレシピかもしれません。

今日も、世界中のケンタッキーでは、カーネルが厨房で手づくりしていた頃と同じ調理法で、「オリジナルチキン」をつくっています。 1本1本、お肉の形を整え、粉づけするところから、丁寧に。
すべてのスタッフが、すべての手順を、カーネルと同じ想いで。
人の手にしかつくれない味を、どこまでも信じて。

1本1本、お店で手づくりしています。
ケンタッキーのオリジナルチキン。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ