[平成25年9月19日]

日本ケンタッキー・フライド・チキン、ヤム・ブランズの飢餓救済プログラム
『World Hunger Relief(世界飢餓救済)』
ピザハットで2013年度の活動を展開
100円寄付で対象ピザを半額で販売
9月24日~27日の4日間
~2007年の第1回から今回で7回目となる、日本国内での活動を実施~


©WFP/Phillip Herzog ©WFP/Rein Skullerud

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区、以下:日本KFC)では、ヤム・ブランズが展開する飢餓救済プログラム「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」(以下:「WHR」)の、日本における2013年秋の活動を、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)、ピザハット、ピザハット・ナチュラルで実施します。なお、日本KFCにおける「WHR」活動は、2007年に第1回の活動を実施、本年で7回目となります。
本年は、ピザハットで9月24日(火)より27日(金)までの4日間限定で、100円の寄付つきメニューとして、3種類のトマトとフレッシュモッツァレラチーズを贅沢にトッピングしたピザ「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」(Lサイズ:通常税込価格3,300円)1枚を、通常の半額1,750円~1,850円(金額は寄付金100円を含みます。※生地により価格が変わります。)で販売します。

「WHR」は、ピザハットやKFCなど、全世界で約39,000店のレストランチェーンを展開するヤム・ブランズが、飢餓の撲滅を目指す国連唯一の食糧支援機関である国連WFPの協力を得て全世界で取り組む飢餓救済プログラムです。日本KFCでは、2007年より「WHR」へ参画、以降毎年、日本国内で展開するピザハット、KFC及び、ピザハット・ナチュラルのチェーン全店において活動を展開しています。
なお、KFC、ピザハット・ナチュラルでは、年間を通じて店頭に専用募金箱を設置しての募金活動を行っています。

寄付つきメニューの販売や店頭募金のほか、インターネット募金、銀行口座への個人募金も実施しており、KFC、ピザハット、ピザハット・ナチュラルでの「WHR」活動によって集った募金は、全て国連WFPに寄付され、国連WFPを通じ開発途上国の子どもたちの健全な発育と就学率の向上を目指す学校給食プログラムに役立てられます。

ヤム・ブランズの一員である、日本KFCは、「おいしさ、しあわせ創造企業」という企業理念のもと、「WHR」の日本における取り組みとして、今後も引き続き、募金活動を実施し、飢餓救済を支援してまいりたいと考えています。

日本におけるピザハットの2013年「World Hunger Relief
(世界飢餓救済)」活動内容
◆ピザハットの「WHR」活動


2013年 ピザハット
WHR対象商品「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」
※写真はイメージです。
ピザハットチェーン活動期間 2013年9月24日(火)~9月27日(金)
対象店舗 全国のピザハットチェーン
WHR活動 100円寄付いただくと、ピザ「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」(Lサイズ:通常税込価格3,300円)1枚を1,750円~1,850円(金額は寄付金100円を含みます。)で販売します。
※お選びいただく生地により、価格が変わります。
対象商品 「フレッシュモッツァレラのマルゲリータ」(Lサイズ)
・・・税込価格:1,750円~1,850円 (通常税込価格:3,300円)
※期間中チラシに記載の半額券を使用し、100円寄付いただくと、対象のピザを半額で販売。
※期間中webオーダーでも販売。
◆個人募金活動(年間を通じて実施)
ピザハット、KFC、ピザハット・ナチュラルのお客様と当社、
ならびに当社フランチャイジー各社の従業員による 個人単位での募金


©WFP/Phillip Herzog
募金・寄付方法 ・クレジットカードによるインターネット募金
※弊社特設ホームページよりご確認ください。
*URL: http://japan.kfc.co.jp/wfp/index.html
・指定銀行口座への振込み
*三菱東京UFJ銀行本店(店番001)/預金種類・口座番号:
普通預金1147657口座名:トクヒ)コクレンWFPキヨウカイ
・専用募金箱(全国のKFC、ピザハット・ナチュラル店舗に設置)
※一部、設置していない店舗があります。
募金活動の告知 ・弊社特設ホームページ
http://japan.kfc.co.jp/wfp/index.html


©WFP/Rein Skullerud
(参考:「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」の取り組み)
「World Hunger Relief(世界飢餓救済)」期間中に集められた募金/寄付金は、すべて国連WFPに送金され、国連WFPがアフリカ、アジア、ラテンアメリカなど、世界約60カ国の開発途上国で行う学校給食プログラムに役立てられます。
       
©WFP/Rein Skullerud
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ