ニュースリリースNews release

平成27年6月23日
ケンタッキーフライドチキン

玉山店長が汗をかきながら、「レッドホットチキン」の流儀を伝授!?
夏の定番、「レッドホットチキン」のCМがついに完成!
『レッドホットチキンの流儀』篇
6月25日(木)よりオンエア開始!!

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、夏の人気商品、「レッドホットチキン」を本年6月25日(木)から全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗において発売。それに合わせ、新TVCM『レッドホットチキンの流儀』篇を6月25日(木)より順次全国にてオンエアを開始します。
TVCMには、日本のKFC45周年記念のTVCMに引き続き人気俳優の玉山鉄二さんを起用。今回は夏にふさわしい「レッドホットチキン」の辛さと旨さを伝えていきます。

■コンセプト紹介

『レッドホットチキンならではの食べシズル』
夏のケンタッキーと言えば、「レッドホットチキン」。暑い季節には汗をかきつつ、思いっきり辛いチキンを食べて元気になって頂きたい、そんな想いを込めました。辛さに向き合う前に、まずは首元のボタンを外し、思いっきりかぶりつく。そして辛さとチキンのうまみを堪能する、全ての表情に注目してCMを企画いたしました。
本年3月より日本のKFC45周年記念TVCMに使用している、お馴染の曲"ビューティフル ドリーマー(夢路より)"は、「レッドホットチキン」の辛さを表現するラテンのリズム、サルサバージョンに仕立てることで、夏の暑さに負けないエネルギッシュなCMに仕上がりました。

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

■CMストーリー

カウンターレジ前の玉山店長が思わず身を乗り出した視線の先には、今年も帰ってきた、夏の「レッドホットチキン」をまさに今食べようとしているサラリーマン役の男性客。まずは首元のボタンをはずし、大きな口でかぶりつく。そして、肉の中までしみ込んだ辛さと旨みで汗をかきつつ、パタパタと口の中を手で扇ぐ。「レッドホットチキン」を食べる上での流儀を、ケンタッキーをこよなく愛している玉山店長がカウンターに身を乗り出し、思わず夢中になって、まるで食べているかのように、汗を滲ませ、お客様と一緒に体感しています。
炎で燃え上がる「レッドホットチキン」のロゴに、「レッドホットチキン」2ピースと「オリジナルチキン」2ピース、「フライドポテト」(L)が付いたおトクな「¥1000パック」の商品カットが映し出されます。
滝のような汗を流しながらほおばる男性客。「レッドホットチキン」の辛さで思わず口を手で扇ぐ女性客のカットが続き、そして、我に返って接客する玉山店長の「いらっしゃいませ」とお客様を元気に迎え入れるシーンでCMは締めくくられます。

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

■撮影こぼれ話

「レッドホットチキン」の美味しい食べ方を伝える玉山店長の表情が見どころの本CM。撮影前の打ち合わせでは、辛口の「レッドホットチキン」を食べる表情で最も想いが伝わる動きはどんなものなのか?と、監督と熱く議論するところからスタートしました。手でパタパタ扇ぐことや、思いっきりかぶりつく表情、玉山店長が着ているストリングタイを緩める演技等、身振り手振りを交えながら表現する様子に、熱いTVCMになる予感で大盛り上がりでした。
撮影本番では研究の通り、「レッドホットチキン」を食べる男性に身を乗り出すしぐさや、エア「レッドホットチキン」にかぶりつく姿に思わずモニターに見とれてしまい、スタッフ一同「レッドホットチキン」が食べたくなってしまう程でした。またサラリーマン役の男性客も、玉山さんの様子につられ熱く思いっきり「レッドホットチキン」にかぶりつき、まさに「レッドホットチキン」の流儀を伝えることができるCMになりました。

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

「レッドホットチキン」TVCM 『レッドホットチキンの流儀』篇 より

CM概要

作品名 『レッドホットチキンの流儀』篇 15秒
放映期間 2015年6月25日(木)~2015年7月22日(水)
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)

【玉山鉄二】

数多くのドラマ・映画でクールな二枚目から素朴な青年役まで、幅広い役柄で活躍。2010年には、映画「ハゲタカ」で"敵役"を熱演して、日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞しました。
最近では連続テレビ小説「マッサン」で主演を演じました。その親しみやすい青年役の姿は視聴者の心をつかみ、平均視聴率で21%超えと高い視聴率が続く人気ドラマとなり、演技力が高く評価されました。今後のさらなる活躍が期待される、30代を代表する注目の俳優です。
TOP