ニュースリリースNews release

平成29年1月11日
ケンタッキーフライドチキン

KFC、2017シーズンから
Jリーグ浦和レッズのトップパートナーに!
~2017年のシーズン開幕から、スポーツ支援を強化!~

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区、以下:日本KFC)は、浦和レッドダイヤモンズ株式会社と、2017シーズンからJリーグ浦和レッドダイヤモンズ(以下:浦和レッズ)のトップパートナー契約を締結し協賛します。日本KFCがJリーグのクラブチームに協賛するのは今回が初めてです。

2月25日開幕予定のJリーグ2017シーズンから、リーグ戦(34試合)、YBCルヴァンカップ、天皇杯の試合で、浦和レッズの選手が着用するユニフォームの背中の裾部分にケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)ロゴが掲出されます。さらに、なでしこリーグ、なでしこリーグカップ、皇后杯の各試合で、浦和レッズレディースの選手が着用するユニフォームの背中の裾部分にもKFCロゴが掲出されます。また、Jリーグの2017シーズン開幕にあわせ、浦和レッズのホームタウン、さいたま市をはじめとする地域のKFC店舗を中心に、さまざまな企画を実施していきます。

日本KFCは、「おいしさ、しあわせ創造企業」を理念に掲げ、KFC創業者カーネル・サンダースの想いである「おいしい食事で人々を幸せにする」ことを目標に、日々活動しています。その中で、社会貢献活動の一環として少年・少女のスポーツ振興にも力を入れています。今回は、浦和レッズの『社会の一員として青少年の健全な発育に寄与します』という活動理念が弊社の社会貢献活動に合致すること、また、浦和レッズの「クラブカラー」と当社の「ブランドカラー」はいずれも赤を基調としていることなどから、今回の協賛に至りました。

日本KFCでは、今後も日本国内のスポーツへの協賛を通じて少年・少女のスポーツ振興へ貢献し、企業・ブランド価値の向上に取り組んでいきます。

TOP