ニュースリリースNews release

平成29年6月30日
ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーから、特定原材料の7品目(卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニ)を
使わない低アレルゲンメニューが登場!

「低アレルゲンチキンプレート」
7月1日(土)、首都圏5店舗で発売

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:神奈川県横浜市、以下:日本KFC)では、低アレルゲンメニュー「低アレルゲンチキンプレート」を、首都圏のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)5店舗限定で、本年7月1日(土)から発売します。
※店内でのお召し上がりのみ、対応しています。

「低アレルゲンチキンプレート」は、法令で規定する特定原材料、卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニの7品目を原材料として使用しないメニューで、「バーベキューチキン」2ピースと、「コーンサラダ」1個、「バナナケーキ」1個をプレートにのせてご提供します。
「バーベキューチキン」は、国内産の鶏の手羽元を使用したバーベキューソース味のローストチキンで、濃厚なバーベキューソースが食欲をそそります。「バナナケーキ」は、バナナピューレを使い、ふんわりとした食感に仕上げたスティックケーキで、ひとくち食べるとバナナのおいしさが広がります。「コーンサラダ」は、シャキッとした歯ごたえで、自然な甘みと豊かな香りが感じられる、色鮮やかなコーンのサラダです。いずれの商品も特定原材料の7品目を使用していません。また、「低アレルゲンチキンプレート」に「100%オレンジジュース(またはドリンクSサイズ)」1個がついた「低アレルゲンチキンプレート ドリンク付」も発売します。

日本KFCでは、「食物アレルギーの有無にかかわらず、多くのお客さまにKFCでのお食事を楽しんでいただきたい」という思いを込めて、今回、低アレルゲンメニューを開発しました。

商品の販売概要は以下の通りです。

◆「低アレルゲンチキンプレート」販売概要

□発売日 2017年7月1日(土)
□販売店舗 首都圏KFC5店舗
(イオン南砂店、イオン狭山店、ひばりが丘店、イオンモール川口前川店、イオンモール幕張新都心店)
□商品特長 「バーベキューチキン」2ピースと、「コーンサラダ」1個、「バナナケーキ」1個を組み合わせた、法令で規定する特定原材料、卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニの7品目を原材料として使用しないプレートメニューです。
「バーベキューチキン」は、国内産の鶏の手羽元を使用したバーベキューソース味のローストチキンで、濃厚なバーベキューソースが食欲をそそります。「バナナケーキ」は、バナナピューレを使い、ふんわりとした食感に仕上げたスティックケーキで、ひとくち食べるとバナナのおいしさが広がります。「コーンサラダ」は、シャキッとした歯ごたえで、自然な甘みと豊かな香りが感じられる、色鮮やかなコーンのサラダです。いずれの商品も特定原材料の7品目を使用していません。
※低アレルゲンメニューはアレルギー症状を発症しないことを保証するものではありません。ご注文の際の最終的な判断は、お客様ご自身でお願いします。
※他のメニューと同一の厨房で調理・盛付けをしているため、ご提供までの過程において、アレルギー物質が意図せず混入する可能性があります。過敏な方、症状が重篤な方は特にご注意ください。
※店内でのお召し上がりのみ、対応しています。
□KFCのアレルゲン情報 KFCでは、ホームページ(www.kfc.co.jp)上にアレルゲン情報を掲載しています。
TOP