ニュースリリースNews release

平成30年8月2日
ケンタッキーフライドチキン

昭和女子大学とKFCのコラボレーション企画 第4弾
「学生コラボワンプレート」 8月6日(月)発売!
~ケンタッキーにあったらいいな!を盛り込んだプレートメニュー、店舗限定で発売~

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:神奈川県横浜市、以下:日本KFC)では、「食と健康」を学んでいる昭和女子大学(東京都世田谷区)の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第4弾として、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の20~30代の女性をターゲットにした新メニュー「学生コラボワンプレート」を、東京都・神奈川県内の計5店舗で本年8月6日(月)から、数量限定で発売します。
この取り組みは、学生らしい自由な発想を取り入れたいとの思いから、科学的に食と健康を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科に協力を依頼して実現したコラボレーション企画です。今回の第4弾では、同学科の4年生5名がチームになり、2017年の秋から日本KFCの商品開発担当者と協力し、試行錯誤を重ね商品開発にあたりました。
「学生コラボワンプレート」は、共同開発チームの学生たちが「KFCのメニューにあったらいいな」と感じる要素や同世代の20~30代の女性の食生活から、「カフェ・レストラン感覚」と「インスタ映え」というテーマにたどり着き、そのテーマに基づき開発しました。

学生コラボワンプレート POP画像

「学生コラボワンプレート」 POP使用画像
(写真はイメージです。)

SNSでシェアしたくなる「インスタ映え」する見た目にこだわり、メインとして「骨なしケンタッキー」を女性に人気の食材(チーズ・バジル・トマト)でかわいらしく飾り付けます。さらに、付け合わせとして、チキンと相性の良いガーリックライス、彩りの良い様々な野菜(サニーレタス、グリルしたズッキーニ・ナス・赤ピーマン・黄ピーマンといった緑黄色野菜、ひよこ豆・枝豆・いんげん豆といった3種の豆)を一緒に盛り付けることで、ボリューム感がありながら栄養のバランスが良い、ヘルシーなプレートに仕上げました。プレートでご提供することで、テイクアウトのイメージが強いKFCにおいて、「カフェ・レストラン感覚」で店内でお食事をしていただく新たな需要創出を狙います。

「学生コラボワンプレート」の販売概要は以下の通りです。

◆昭和女子大コラボレーション企画 第4弾 「学生コラボワンプレート」 販売概要

□税込価格 790円
□発売日 2018年8月6日(月)
※数量限定のため、なくなり次第販売を終了します。
□販売店舗 KFC東京都・神奈川県内5店舗
(高田馬場店、武蔵境店、恵比寿駅前店、武蔵小山店、センター北駅店)
□商品特長 SNSでシェアしたくなる「インスタ映え」する見た目にこだわり、メインとして「骨なしケンタッキー」を女性に人気の食材(チーズ・バジル・トマト)でかわいらしく飾り付けます。さらに、付け合わせとして、チキンと相性の良いガーリックライス、彩りの良い様々な野菜(サニーレタス、グリルしたズッキーニ・ナス・赤ピーマン・黄ピーマンといった緑黄色野菜、ひよこ豆・枝豆・いんげん豆といった3種の豆)を一緒に盛り付けることで、ボリューム感がありながら栄養のバランスが良い、ヘルシーなプレートに仕上げました。プレートでご提供することで、テイクアウトのイメージが強いKFCにおいて、「カフェ・レストラン感覚」で店内でお食事をしていただく新たな需要創出を狙います。
※「学生コラボワンプレート」の販売は、店内お召し上がりのみに限定します。

学生コラボワンプレート

「学生コラボワンプレート」
(写真はイメージです。)

《商品開発の様子》

今回は、昭和女子大学の4年生5名がチームになり開発に取り組みました。
共同開発チームの学生たちは、日本KFCのテストキッチンに集まり、日本KFCの商品開発担当者から商品開発についての基礎知識を学びつつ、自分たちの目指す商品に近づけるため何度も試作を繰り返し、商品を提案し、このたびの商品化に至りました。
日本KFC社長の近藤も出席した商品化の最終選考会議では、学生たち自身で開発した商品についてプレゼンテーションし、試食タイムは緊張した様子でどのような感想が出てくるか見守りました。
選考会議終了後には共同開発のしめくくりとして、商品化のご協力へ感謝をこめて日本KFCから修了証をお渡ししました。

商品開発の様子

(左)どのような商品にするか、試作しながら何回も活発な議論を重ねる。
(中央)最終選考会議の様子。開発した商品をプレゼンテーション。資料もチームで力を合わせて作成。
(右)最終選考会議の様子。社長はじめ日本KFC担当者が試食する緊張の瞬間。

日本KFCから感謝の気持ちをこめてお渡しした修了証を手に、笑顔の学生たち。

TOP