ニュースリリースNews release

平成30年10月19日
ケンタッキーフライドチキン

全国約1150店の調理・接客技能のNo.1を決める
社内コンテスト「CHAMPS(チャンプス)チャレンジ」の模様を公開!
<KFC公式YouTubeチャンネルで、10月19日(金)から>
~1994年から開催し25年。2018年は、KFC JR鹿児島中央店が優勝、アジア大会に進出~

CNAMPS CHALLENGE

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:神奈川県横浜市、以下:日本KFC)では、店舗従業員の技能とホスピタリティの向上、アルバイトの士気向上を目的に1994年から調理・接客技能の社内コンテスト「CHAMPS(チャンプス)チャレンジ」を開催しています。このたび25年目となった2018年の「CHAMPSチャレンジ」ジャパンファイナル(決勝戦)の様子を、ケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)公式YouTubeチャンネルで本年10月19日(金)から配信、動画でその取り組みの一部を紹介します。
「CHAMPSチャレンジ」のCHAMPSとは、C:クリンリネス(店舗の清潔さ)、H:ホスピタリティ(おもてなしの心)、A:アキュラシー(オーダーの正確さ)、M:メンテナンス(店舗設備のメンテナンス)、P:プロダクト(商品の品質)、S:スピード(サービスの早さ)の6つの頭文字で、お客様がKFCの店舗に期待する項目を指しています。
「CHAMPSチャレンジ」は全国のKFC店舗を対象に年1回行うコンテストで、CHAMPSの項目に基づき、調理や接客技能(ホスピタリティ)について競います。店舗単位でチームを作り、店内選抜、エリア(約10店舗の括り)、地区(全国を12地区に分割)、準決勝と勝ち進み、ジャパンファイナルには代表の6チームが出場、日本一の店舗を決定します。
本年は8月30日にKFC青葉台店(神奈川県横浜市)にてジャパンファイナルを開催し、KFC JR鹿児島中央店(鹿児島県鹿児島市)がみごと優勝を果たしました。
KFC JR鹿児島中央店のメンバー5名は、来年4月にマレーシア・クアラルンプールで開催されるアジア大会に日本代表チームとして出場し、世界の舞台でパフォーマンスを披露します。また、日本一の店舗として、現在販売中の新商品「ザクザク骨なしケンタッキー スパイシーメキシカン味」のTVCM(2018年9月27日からOA中)にも登場しています。
※1994年に「チームチャレンジ」という名称でスタート。1998年から「CHAMPSチャレンジ」として途中競技形態などを変更しながら実施しています。

KFC公式YouTubeチャンネル 「CHAMPSチャレンジ」ジャパンファイナル動画URL、QRコード
⇒URL https://youtu.be/feWlx8Xc9YM
  QRコード
QRコード

2018年 KFC「CHAMPSチャレンジ」ジャパンファイナル優勝メンバー5名
チーム一丸となって日頃のオペレーション力を発揮し、みごと初優勝を果たし、来年のアジア大会に出場予定です。

左から 早野さん(オペレーションコントローラー)、中嶋さん(カスタマーサービスサポート)、
浜島さん(カスタマーサービス)、松崎さん(カスタマーサービス)、西村さん(フードサービス)、

◆ポジションの名称と役割

<早野店長コメント>
「ここに来るまでたくさんのサポートがあり、1位になることができました。1人では何もできない、チームだからできたことだと思っています。
これからは最強の店舗、最強の会社になれるよう、頑張っていきたい。アジア大会に向けて日本代表として戦ってきたいと思います。」
TOP