ニュースリリースNews release

2018年12月26日

ケンタッキーフライドチキン クリスマスキャンペーン結果
2018年(平成30年)12月21日(金)~25日(火)のクリスマス5日間で
69億円(前年比102.3%)の過去最高売上を達成

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、 本社:神奈川県横浜市 以下:日本KFC)が展開するケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の、本年のクリスマス5日間〈12月21日(金)~25日(火)〉の売上は、過去最高売上の合計69億円となりました。
※数値は速報値であり、確定後変更することがあります。
※参考:本年12月24日の稼働店舗数:1,117店

この結果は、長年にわたって培ってきた、100%国内産チキンを使用するといった素材へのこだわりや、店舗で1ピースずつ生のチキンに粉付けし、手づくり調理する「オリジナルチキン」のおいしさなどに、お客様の評価をいただいたものと考えています。

KFCでは本年、定番商品「オリジナルチキン」をはじめ、クリスマス限定商品「パーティバーレル」3種や「クリスマスパック」5種、「五穀味鶏 プレミアムローストチキン」、「五穀味鶏 ローストレッグ」、「五穀味鶏 胸肉ロースト」などの"KFCだからこそできる"バラエティー豊かなメニューを販売しました。また、多くのお客様にケンタッキークリスマスをお楽しみいただけるよう、「クリスマス ペアパック」といった個食への対応や、KFCネットオーダー(https://order.kfc.jp/)での事前予約受付など、変化するニーズへの対応も行いました。なお、KFCネットオーダーでのクリスマス予約比率は30%を超え、多くのお客様にご利用いただきました。

期間中にいただいたお客様の声を大切に、今後も、安全・安心でほんとうにおいしい商品を、まごころを込めてご提供し、「おいしさ、しあわせ」、「おいしさ、感動」をお届けしてまいります。

TOP