社会活動Social activity

「世界飢餓救済」活動Famine relief

私たちは幸いなことに、食べる楽しさを享受していますが、食べるものがなくて生きられない人達が地球にはまだたくさんいます。救援を必要としている人たちに食糧を届けているのが国連の食糧支援機関、国連WFPです。日本KFCグループでは国連WFPとともに「世界飢餓救済」の募金活動に取り組んでいます。

国連WFP協会への支援Support to Japan Association for the World Food Programme

国連WFPは、国連機関であるWFP 国連世界食糧計画と、それを支援する認定NPO法人である国連WFP協会という2つの団体の総称です。国連WFP協会は、募金活動、企業・団体との連携を進め、日本における支援の輪を広げています。日本KFCホールディングスは国連WFP協会の評議員として、さまざまな活動を通じて飢餓撲滅活動を支援していきます。

WFPウォーク・ザ・ワールド

2007年より「WFPウォーク・ザ・ワールド」に参加しています。「WFPウォーク・ザ・ワールド」は、老若男女を問わず楽しく参加して飢餓問題を身近に考える機会にし、参加費を支援活動にあてるというチャリティ・ウォークです。例年、横浜で開催されています。日本KFCホールディングスグループの従業員有志も家族連れで参加しています。

スペシャルオリンピックス日本 Special Olympics Japan

〒105-0003
東京都港区西新橋2-22-1
西新橋2丁目森ビル7階
TEL:03-6809-2034 / FAX:03-3436-3666

“スペシャルオリンピックス日本”を応援しています。

「スペシャルオリンピックス」は、知的発達障害のある人たちに日常的なスポーツ活動を提供し、社会参加を応援する国際的なスポーツ組織です。日本KFCホールディングス(株)、および、KFCチェーンは、1994年に「スペシャルオリンピックス日本」が設立された時から、その活動を応援してまいりました。2006年は、カーネル・サンダースの誕生日、「カーネルズ・デー」(9月9日)を中心とする期間に開催するキャンペーン『カーネル フェスティバル』の収益金の一部を寄贈しました。

スペシャルオリンピックス日本のイベントに参加。

オレンジリボン運動Orange Ribbon Campaign

子どもの虐待をなくすため、子どもたちに関心をもつと同時に子育てに悩む家庭を支援することで、社会全体で子育てを応援しようというのがオレンジリボン運動です。大阪府・岡山市や東京都のKFC店舗では、運動の強化月間である11月に、子どもたちに親しまれている店頭のカーネル立像がオレンジ色のたすきをかけ、PR活動をお手伝いしています。

地域スポーツへの支援Assistance to local sports

65歳から本格的なフランチャイズビジネスを始めたカーネル・サンダース。
彼は90歳で生涯を終えるまで各国を回り、KFCビジネスで得た利益を、未来を担う子ども達へさまざまな形で支援をしてきました。
最後まで走り続けたカーネルのチャレンジ精神と、子どもを大切にする心を引き継ぎ、小学生対象とした野球やサッカーなどのスポーツ大会や、シルバー世代 が活躍するゲートボール大会などの地域スポーツを応援しています。

東日本大震災に関する取り組みEfforts for the Great East Japan Earthquake

日本KFCホールディングスでは、"被災した子どもたちに笑顔になってほしい"という想いを込めてチャリティー商品を販売し、売上金の一部を支援活動費にあてたスポーツイベントやパーティ開催など、子どもたちに笑顔をお届けする活動を行っています。

商品主要原産地情報
ケンタッキーフライドチキン 商品主要原産地情報
ピザハット 商品主要原産地情報
栄養成分・アレルゲン
ケンタッキーフライドチキン 栄養成分・アレルゲン
ピザハット 栄養成分・アレルゲン
TOP