[平成19年7月3日]  ケンタッキーフライドチキン

365日 毎日、毎日、おトク! うれしい5つのメニューが登場!
新提案 「カーネルバリューメニュー」7月12日発売開始
発売を記念し、「『カーネルバリューメニュー』新登場キャンペーン」開催


「4ピースポテトパック」
※写真はイメージです。
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)では、お客様へのチキンメニューの新提案商品として、5種類のお得なチキンメニュー「カーネルバリューメニュー」を本年7月12日(木)より、全国のケンタッキーフライドチキン(以下KFC)店舗で発売します。
※一部実施しない店舗があります。

「カーネルバリューメニュー」は、既存の商品ラインより一段価格を低くした5つのセット及びパックメニューを、従来の期間限定ではなく、いつでもお得な定番メニューとして新たにラインナップするものです。
特にお一人様用のセットメニューでは、お客様からの多くのご要望にお応えして、「オリジナルチキン」、「フライドポテト」、「ドリンク」という3商品の組み合わせを実現しました。

なお、日本KFCでは、「カーネルバリューメニュー」の発売を記念し、「『カーネルバリューメニュー』新登場キャンペーン」を7月12日(木)~9月19日(水)の期間、実施します。
※一部実施しない店舗があります。

キャンペーン第1弾の7月12日~8月1日の期間は、「カーネルバリューメニュー」として、よりお得になった「4ピースポテトパック」をお買い上げいただくと、さらに、「カーネルクリスピー」1ピースをもれなくプレゼントします。

「カーネルバリューメニュー」販売概要
商品名 「カーネルバリューメニュー」(5商品)
セットメニュー

「1ピースポテトセット」
※写真はイメージです。
「1ピースポテトセット」
[オリジナルチキン1ピース、
フライドポテト(S)1、ドリンク(S)1]

・・・・税込価格:450円

「2ピ-スポテトセット」
[オリジナルチキン2ピース、
フライドポテト(S)1、ドリンク(S)1]

・・・・税込価格:590円

パックメニュー 「4ピースポテトパック」
[オリジナルチキン4ピース、フライドポテト(S)2]

・・・税込価格:990円
※7/12(木)~8/1(水)の期間はカーネルクリスピー1ピース付き

「6ピースポテトパック」
[オリジナルチキン6ピース、フライドポテト(S)3]

・・・税込価格:1,440円

「8ピースポテトパック」
[オリジナルチキン8ピース、フライドポテト(S)4]

・・・税込価格:1,890円

発売日 7月12日(木)
販売店舗 全国のKFC店舗
※一部販売しない店舗があります。
商品特長 既存の商品ラインより一段価格を低くした5つのセット及びパックメニューを、従来の期間限定ではなく、いつでもお得な定番メニューとして新たにラインナップ。
特にお一人様用のセットメニューでは、お客様からの多くのご要望にお応えして、「オリジナルチキン」、「フライドポテト」、「ドリンク」という3商品の組み合わせを実現しました。
「カーネルバリューメニュー」発売を記念した
今だけ!「『カーネルバリューメニュー』新登場キャンペーン」第一弾


カーネルバリューメニュー
新登場キャンペーン対象商品
「4ピースポテトパック」+「カーネルクリスピー」
※写真はイメージです。
《第1弾》(7月12日~8月1日)
キャンペーン第1弾の7月12日~8月1日の期間は、「カーネルバリューメニュー」として、よりお得になった「4ピースポテトパック」をお買い上げいただくと、さらに、「カーネルクリスピー」1ピースをもれなくプレゼントします。
KFC商品のパッケージが新しくなります!
昨年、リニューアルしたKFCのロゴマークがいよいよ商品パッケージにも登場します。
「若さ、エネルギー、現代的、親しみ」を表現している、エプロンをかけたカーネルの笑顔は、ミニバーレルやパック用のパッケージに、また、フライドポテトやドリンクのパッケージは、文字をデザインした明るいイメージになります。
新パッケージは7月12日(木)からの「カーネルバリューメニュー」の発売を機に順次
導入を予定しています。
導入時期 2007年7月12日(木)より順次
対象商品 全商品
※一部、導入時期のずれる商品があります。

ケンタッキーフライドチキン 主な新「商品パッケージ」イメージ
新しいロゴは、「若さ、エネルギー、現代的、親しみ」をテーマに、エプロンをかけた笑顔のカーネル・サンダースを表現することにより、「オリジナルチキン」をはじめとするKFC商品の、手づくりのおいしさ、安全・安心なおいしさをお伝えしています。
このデザインには、日本KFCの理念であるFHH&H=Fresh(新鮮)、Healthy(安全で健康的)、Handmade(手づくり)、Hospitality(おもてなしの心)の原点ともいえる、カーネルの“本物のおいしさへのこだわり”が表現されています。65才でKFCを設立したカーネルが独特のおいしさの「オリジナルチキン」のレシピを、試行錯誤の末に完成させたのは49才のとき、1939年でした。新ロゴにデザインされたエプロンは、「手づくり」や「安全・安心・新鮮な素材」にこだわって独自の調理法を完成させたカーネルの姿を表現しています。
KFCのこだわり「オリジナルチキン」
ケンタッキーの「オリジナルチキン」は、カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、68年間、その製法はまったく変わることなく受け継がれてきました。カーネル・サンダースが「世界で日本のKFCが一番好き」と言ったのは、手間のかかるカーネルの調理法を、最も忠実に守り続けているからでした。
日本では、「オリジナルチキン」に使用する鶏は、KFC登録飼育農場で飼育する国内産ハーブ鶏。それを店舗で1ピースずつ丁寧に手づくり調理しています。11種類のハーブ&スパイスで味付けし、高品質の100%植物油を使い、最高温度185℃で約15分間、圧力釜で揚げるというカーネル秘伝の調理法は、日本にKFCが誕生して以来37年間、まったく変わることなく、本物のおいしさをお届けしています。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ