[平成23年12月26日]  ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン
平成23年(2011年)クリスマス期間の売上について
~12月23日~25日の3日間で58億円に迫る過去最高の売上を達成~

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)が展開するケンタッキーフライドチキン(以下KFC)の、本年のクリスマス期間〈平成23年12月23日(金)~25日(日)の3日間〉の売上は、合計57億8,052万円で、昨年の記録をさらに上回り、過去最高となりました。
(※数値は速報値であり、確定前の数値によって算出していますので、確定後変更することがあります。)

KFCでは、ご家族やお友達同士、職場など、さまざまなパーティにお楽しみいただける商品をバラエティ豊かにご用意しました。クリスマスの定番となっている「パーティバーレル」や「クリスマスパック」、高級ローストチキン「プレミアム ローストチキン」、「五穀味鶏 ローストレッグ」や「五穀味鶏 胸肉のロースト」などに加えて、昨年一部店舗で販売し好評をいただいた「プレミアム ディナーセレクト」、「プレミアム ファミリーセレクト」を全店で販売。さらに、今年初登場の「五穀味鶏の赤ワイン煮」を店舗限定で販売するなど、人数やお好みに合わせて選べるバラエティ豊かな商品を発売しました。いずれも、"おいしいチキンの専門店"として、品質の高い素材を使って店舗で手づくり調理するKFCならではのラインナップです。
店舗で手づくり調理するKFCでは、ご提供できる商品の数量が限定されるため、より多くのお客様のご要望にお応えできるよう、10月21日からご予約受付を開始し、"ケンタッキークリスマス"のTVCMを11月からオンエアしてご予約の促進を図りました。TVCMにはKFCの顔としてお馴染みの綾瀬はるかさんを起用し、イメージソングは竹内まりやさんがKFCのために書き上げ、今やクリスマスの定番ソングともなった「すてきなホリディ」で、クリスマスキャンペーンを盛り上げました。
結果、本年の全国のKFCチェーン1,148店(稼動店)のクリスマス期間3日間における総売上は、57憶8,052万円(前年比103.4%)を達成しました。〔※2010年同期間集計稼動店舗数:1,135店〕
また、「プレミアムローストチキン」、「プレミアムディナーセレクト」など、各種の完全予約限定商品はそれぞれ完売となりました。

内外ともに経営環境が厳しいなか、このように高い支持をいただいた要因は、本年は例年よりも身近な人との絆を深める機会としてクリスマスに集まる傾向が強く、"うちごち(お家でご馳走)"需要が高まったことに加え、『クリスマスはケンタッキー』という37年間にわたるKFC のキャンペーンが定着したこと、そして、「おいしいチキンの専門店」として素材にこだわり、安全で品質の高い、店舗で手づくりするおいしさをご提供し続けてきたことの結果と考えています。
日本KFCでは、KFCが日本に上陸して以来41年間守りつづけてきた、FHH&H=Fresh(新鮮)、Healthy(安全で健康的)、Handmade(手づくり)、Hospitality(おもてなしの心)の理念のもと、今後も、安全・安心でほんとうにおいしい商品を、まごころを込めてご提供してまいります。

 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ