ニュースリリースNews release

平成27年7月21日
ケンタッキーフライドチキン

昭和女子大学とKFCのコラボレーション企画 第二弾
“和”をのむ! Krushers新フレーバー「Krushers さくプル黒蜜きなこ」
7月23日発売!
~さくっ、プルッ! いろんな食感がとびだす、夏スイーツ、都内5店舗限定で発売~

昭和女子大学×Krushers

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区、以下:日本KFC)では、「食と健康」を学んでいる昭和女子大学(東京都世田谷区)の生活科学部健康デザイン学科の学生とのメニュー共同開発の取り組みの第2弾としてケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の新食感スイーツ「Krushers(クラッシャーズ)」の10~20代の若い女性をターゲットにした新フレーバーとして和風の「Krushers さくプル黒蜜きなこ」を同学科学生と共同開発、本年7月23日(木)より、東京都内5店舗限定で発売します。

学生らしい自由な発想を取り入れたいとの思いから、科学的に食と健康を学んでいる昭和女子大学の生活科学部健康デザイン学科に協力を依頼して実現した、コラボレーション企画第2弾では、KFCで販売する、暑い夏にぴったりのスイーツ「Krushers(クラッシャーズ)」の新フレーバーを開発。同学科の3・4年生5名がチームになり、2014年の冬からKFCの商品開発担当者と協力し、20代前半の女性の好みの味をヒントに、和風味を中心に試行錯誤を重ね商品開発にあたりました。

「Krushers さくプル黒蜜きなこ」は、共同開発チームメンバーの学生たちが、自分たちも含めた多くの同年代の女性が休日のカフェタイムなどに和風のスイーツを好んで食べていることに着目し、それをヒントに「和」の材料が生かせるフレーバーを開発しました。黒糖ゼリーのプルッとした食感と、コーンフレークのサクサク食感の2つの食感が楽しめる、さっぱりとした後味で暑い夏にもピッタリのフレーバーです。最後にかける黒蜜が、日本ならではの黒蜜ときなこの相性の良さを最大限引き出します。

昭和女子大学コラボ企画メニュー 第2弾
「Krushers さくプル黒蜜きなこ」の販売概要は以下の通りです。

◆「Krushers(クラッシャーズ) さくプル黒蜜きなこ」販売概要

商品名 「Krushers(クラッシャーズ) さくプル黒蜜きなこ」
税込価格 350円
発売日 2015年7月23日(木)
販売店舗 KFC東京都内5店舗
(三軒茶屋店、渋谷道玄坂店、新宿店、新宿南口店、新宿西口店)
商品特長 厳選した黒糖ゼリーのプルッとした食感と、コーンフレークのサクサク感の両方が楽しめるフレーバーで10~20代の女性をターゲットに開発しました。「Krushers」は通常より太いストローを使用している為、大粒の黒糖ゼリーとサクサクの食感の両方が楽しめるよう、ゼリーの大きさにもこだわりました。これからの暑い時季にもピッタリな商品に仕上がりました。

「Krushers(クラッシャーズ) さくプル黒蜜きなこ」

「Krushers(クラッシャーズ) さくプル黒蜜きなこ」
※写真はイメージです。

「Krushers(クラッシャーズ)」とは シェイクでもないスムージーでもない、果実やビスケットなどの食感が楽しめる、新しい感覚の冷たい飲むスイーツで、国内はもちろん海外のKFCでも大変な人気を博しています。おいしさの秘密は冷たくてバラエティのある味が楽しめる食感。日本では独自にフレーバーを開発し、新鮮な食感、おいしさを味わっていただくため、商品はご注文を受けてからつくります。
なお、「Krushers」のネーミングはcrushを語源としており、KFCの「K」をあてた造語です。

≪「Krushers(クラッシャーズ) さくプル黒蜜きなこ」商品開発の様子≫

今回のプロジェクトでは、昭和女子大学の学生10名が、「KFC(Krushers)チーム」と「鶏から亭チーム」の2つのチームに分かれて実施。「Krushers(クラッシャーズ)」の商品開発には、3・4年生5名が取り組みました。「KFC(Krushers)チーム」のメンバーはKFCのテストキッチンに集まり、KFC開発担当者からフレーバーや食感についての基礎知識を学びつつ、自分たちの目指す味に近づける為何度も試作を繰り返し、商品を提案し、このたびの商品化に至りました。
日本KFC近藤社長も出席した商品化の最終選考会議では、チームメンバーが日頃の女子大生の行動や好みをヒントに商品開発したことをプレゼンし、試食タイムは緊張した様子でどのような感想が出てくるか見守りました。
「おいしい!商品化しよう」と社長からの言葉が発せられると、メンバー全員がはじけた笑顔になり、選考会議終了後には共同開発のしめくくりとして、新メニューの商品化ご協力への感謝をこめてKFCから修了証をお渡ししました。

(左)学生たちがテストキッチンに初めて入った日。商品開発担当者から商品がどのようにつくられているかを学ぶ。(中央)ゼリーの粒の大きさや食感などを研究。(右)最終選考会議の様子。社長はじめ商品開発担当者が試食する緊張の瞬間。「おいしい!ぜひ商品化を」との言葉で安堵の表情に。

(左)学生たちがテストキッチンに初めて入った日。商品開発担当者から商品がどのようにつくられているかを学ぶ。
(中央)ゼリーの粒の大きさや食感などを研究。
(右)最終選考会議の様子。社長はじめ商品開発担当者が試食する緊張の瞬間。
「おいしい!ぜひ商品化を」との言葉で安堵の表情に。

日本KFCから、感謝の気持ちをこめてお渡しした修了証を手に喜びの笑顔の学生たち。第1弾の「鶏から亭チーム」と 第2弾「KFC(Krushers)チーム」の全10名で。

日本KFCから、感謝の気持ちをこめてお渡しした修了証を手に喜びの笑顔の学生たち。
第1弾の「鶏から亭チーム」と第2弾「KFC(Krushers)チーム」の全10名で。

TOP