ニュースリリースNews release

平成27年12月28日
ケンタッキーフライドチキン

2015年(平成27年)クリスマス期間の売上について
12月23日~25日のクリスマス3日間で
54億9千万円(前年比104.4%)を達成
~ピザハットも昨年に続き前年を上回る売上を達成~

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:東京都渋谷区 以下:日本KFC)が展開するケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)の、本年のクリスマス期間〈12月23日(水・祝)~25日(金)の3日間〉の売上は、合計54億9千万円となりました。
(※数値は速報値であり、確定後変更することがあります。)

KFCでは、本年、「パーティバーレル」3種や「クリスマスパック」、「五穀味鶏のプレミアムローストチキン」などの人気のクリスマス定番メニューを販売。クリスマスも"やっぱり、ケンタッキー"として国内産のチキンを使い、店舗で1ピースずつ手づくり調理する「オリジナルチキン」をはじめとするKFCだからこそできるラインアップをご提供しました。

また、KFCでは予約受付を、より多くのお客様のご要望にお応えできるよう、クリスマス約2か月前の10月30日(金)からKFC店舗と、同時にKFCネットオーダーサイトで実施しました(実施店舗でのネット予約比率:16.3%)。また、11月からKFCメニューで楽しいクリスマスを過ごす家族を描いた"ケンタッキークリスマス"のTVCMをオンエア、予約促進を図りました。さらに、クリスマス時期の定番ソングとなった、竹内まりやさんがKFCのために書き上げたイメージソング「すてきなホリディ」をCMソングや店舗BGMとして使用、KFCクリスマスキャンペーンを大いに盛り上げました。
結果、2015年の全国のKFC1,125店(稼動店)のクリスマス期間3日間における総売上は
54億9千万円と前年に対して104.4%を達成しました。
〔※2014年クリスマス期間3日間の総売上52億6千万円、集計稼動店舗数:1,143店〕

また、さらに多くの方々にKFCのクリスマスメニューをお楽しみいただけるよう、クリスマスキャンペーンをKFCとして過去最長の7日間で実施し、ご家族やお友達同士、職場などのさまざまなパーティで人数やお好みに合わせてお楽しみいただけるバラエティ豊かな商品を発売しました。7日間<12月19日(土)~25日(金)>のキャンペーン期間では、1店舗あたりの売上は632万円(前年比101.2%)と過去最高になりました。なお、全国のKFC1,125店(稼動店)の同期間における総売上は71億1千万円となりました。 

また、日本KFCホールディングスグループの株式会社フェニックス(社長:細見 薫、本社:東京都渋谷区、以下:フェニックス)が展開する世界最大のピザチェーン、ピザハットでも、昨年に続き、12月23日(水・祝)~25日(金)のクリスマス期間売上が前年を上回りました。ピザハットでは、本年、パーティシーズンにぴったりの豪華なピザ「ゴールデンプレミアム4」と、同ピザのお得なセットメニューを11月より販売し、パーティ需要の獲得を図り、結果、全店売上の前年対比は101.1%となりました。

KFC、ピザハットとも、このように高い支持をいただいた要因は、長年にわたってこだわり培ってきた手づくりのおいしさと品質を、さらに評価いただいたものと考えています。

KFCでは、本年も、クリスマスにご家族などの身近な人同士で集まる傾向が強く、ご自宅などで少し贅沢なお食事をする需要が引き続き高かったことと、『クリスマスはケンタッキー』という40年以上にわたるKFC のクリスマスキャンペーンが、"クリスマスといえばKFCのチキン"として定着、浸透していること、さらに、「おいしいチキンの専門店」として素材にこだわり、安全で品質の高い、店舗で1ピースずつ手づくり調理するおいしさをご提供し続けてきたことが、お客様に広く認知され支持いただけている結果と考えています。

また、ピザハットにおいても、ご自宅などでのお食事の傾向が強く、簡便なWebオーダーや専用アプリの利用がさらに促進されたことに加え、おいしさと手づくり調理にこだわったボリュームあるピザ、バリエーション豊かな生地とみみまで楽しめるピザとしてピザハットを認知いただき、着実にファンを増やしてきたことの結果と考えています。

KFC、ピザハットでは、今後も、安全・安心でほんとうにおいしい商品を、まごころを込めてご提供し、「おいしさ、しあわせ」、「おいしさ、感動」をお届けしてまいります。

TOP