ニュースリリースNews release

2020年12月9日
ケンタッキーフライドチキン

地球環境の未来のために、私たちにできることを
日本KFC、2020年度中に全ての紙製パッケージをFSC認証紙に切り替え

日本KFCホールディングスグループの日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:近藤 正樹、本社:神奈川県横浜市、以下:日本KFC)は、全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗で提供している全ての紙製パッケージを、2020年度中にFSC(※)認証紙に切り替えることをお知らせします。

※FSC®(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)=環境や地域社会に配慮して管理や伐採が行われる森林の認証制度を運営。

KFC紙製パッケージ

▲KFCで提供している紙製パッケージ(全20種)

KFCは地球環境の保全と事業活動の継続的発展の両立を目指し、「持続可能な調達活動」を推進しています。2017年からチキンの調理に使われるパーム油はグローバル基準のもと、持続可能な管理・生産であると認証されたものを調達しています。今般、紙製パッケージにつきましてもFSC認証紙に切り替えます。

2020年度中に、年間5,295t使用しているオリジナルチキンを提供するためのバーレルや紙ナプキン、ドリンクカップなど紙製パッケージのFSC認証紙への切り替えを完了させ、地球環境への負荷を低減させます。

「FSC認証製品を選ぶ・使う」という、誰もが参加可能な森林保全の取り組みを広げていくことにも協力していきます。また、原料・資材を環境に配慮したものに変更するだけでなく、リデュース・リユース・リサイクルにも積極的に取り組み、地球環境の未来を守るためにできることに取り組んでいきます。

創業50周年を迎えた日本KFCは、持続可能な社会の実現に向けてアクションしています。

TOP