[平成22年3月16日]  ケンタッキーフライドチキン

KFCから新製法のチキンが新登場!!
元プロテニスプレイヤー 杉山愛さんが引退後初のTVCM出演で
チキンキャスターとして「パリパリ旨味チキン」の開発現場をレポート!
新商品「パリパリ旨味チキン」TVCM
「カーネルセンターから新製法レポート」篇
3月25日(木)よりオンエア開始!!

パリパリ旨味チキンCM 杉山愛さん
パリパリ旨味チキンTVCM
「カーネルセンターから新製法レポ-ト」篇
日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社(社長:渡辺 正夫、本社:東京渋谷区、以下:日本KFC)では、全国のケンタッキーフライドチキン(以下:KFC)店舗で本年3月25日(木)から期間限定で発売する「パリパリ旨味チキン」の登場に合わせてTVCMを制作しました。元プロテニスプレイヤーの杉山愛(すぎやま あい)さんを起用したKFCの新商品「パリパリ旨味チキン」TVCM「カーネルセンターから新製法レポート」篇が3月25日(木)より全国にてオンエアが開始されます。

日本KFCが、皆様にご提供する期間限定商品「パリパリ旨味チキン」は、新製法の「うすごろも揚げ」。ころもをうすく揚げているから、皮までパリパリに香ばしく、身はふっくらと、ジューシーな旨味がたっぷりの新しいチキンです。塩と胡椒のシンプルな味つけで素材をさらに引きたてます。

『新しいケンタッキーを試食します。』
今回のCM企画はパリパリ旨味チキンの新製法感、新食感、新登場感のニュース性を高める直球企画です。商品のニュース性を高めるキャスティングとして、昨年秋の現役引退以降、多くのTV番組やイベントで活躍する杉山愛さんを今回のCMキャラクターに起用致しました。新しいキャリア転進に注目が集まる杉山さんがスポーツキャスターならぬ、チキンキャスターとして開発されたばかりのチキンをレポートします。昨今のKFCのTVCMにはない新しい旬のキャストを迎えることでこれまでとは違う新しいCMになることを意識しました。

今回のCMの舞台となったのは、ケンタッキーのチキンを開発している「KFC商品開発センター(カーネルセンター)」でした。商品開発の最前線を垣間見ることができる部分と新作チキンの「うすごろも製法」のシズル部分に親和性ができる舞台として「KFC商品開発センター(カーネルセンター)」を選びました。エキストラ出演しているのは実際に商品開発を担当している日本KFCの社員です。杉山さんがチキンを食べる際に絶妙なタイミングでマイクを差し出すのは商品開発部部長の宮(みや)が出演しました。
CMストーリー 新作のパリパリ旨味チキンを片手にキャスターとしてKFCの商品開発センターに登場する杉山さん。「新製法うすごろも揚げ」の3つのシズルカット。パリパリ旨味チキンを試食する杉山さん。商品の断面を見せるシズルカット。白い背景をバックに商品ディスプレイカット。取材を終えて、ついついもう一本パリパリ旨味チキンをもらった杉山さんの食べカットで締めくくる。
パリパリ旨味チキン
パリパリ旨味チキンTVCM
「カーネルセンターから新製法レポ-ト」篇
撮影こぼれ話
パリパリ旨味チキンCM 杉山愛さん
素敵な笑顔で元気よく撮影現場に登場して頂いた杉山さん。引退後初のCMいうことで、期待と不安が交差する緊張感が張り詰めた現場でしたが杉山さんの爽やかな挨拶で一掃されたことがとても印象的でした。
また、チキンを食べるときの自然なリアクションが周りのスタッフからも好評で、我々もモニター確認をしていて本当に美味しそうに食べるなあと感嘆の声が漏れてました。
杉山さんオススメのパリパリ旨味チキンは期間限定商品です!ぜひ、この機会にお試し下さい!
CM概要
作品名 「カーネルセンターから新製法レポート」篇 15秒・30秒
放映期間 2010年3月25日(木)~2010年4月21日(水)
オンエアエリア 全国(スポット・番組共に)
提供番組
  • CX系 「笑っていいとも!」
    (隔日放送/3月は奇数日・4月は偶数日放送)
  • TBS系 「ザ・イロモネア」
    (毎週木曜日 21:00~21:54 ※3月末まで)
  • TBS系 「ひみつの嵐ちゃん」
    (毎週木曜日 22:00~22:54 ※4月から)
【杉山愛さんプロフィール】
    出身地 神奈川県
    血液型 B型
    主な活動暦 4歳でラケットを握り、15歳で日本人初の世界ジュニアランキング1位に輝く。グランドスラム3度の女子ダブルス優勝を経験。(2000年全米オープン/2003年全仏オープン/2003年ウィンブルドン)グランドスラムの連続出場62回の世界記録を樹立(ギネス記録認定)。オリンピックに4回連続出場(アトランタ、シドニー、アテネ、北京)。WTAツアー最高世界ランク シングルス8位/ダブルス1位。国際公式戦勝利数 シングルス492勝/ダブルス566勝。2009年10月、現役を引退。
 
ニュースリリースtopへ   このページのtopへ